(写真左より)東レアローズ・黒後愛、堀川真理主将、菅野幸一郎監督、久光製薬スプリングス酒井新悟監督、岩坂名奈主将、石井優希

4月12日、『V.LEAGUE 女子 V・ファイナルステージ グランドファイナル』第2試合前日会見が行われた。3-0で王手をかけた久光製薬スプリングス、大逆転劇を狙う東レアローズの監督・主将・注目選手が登壇し、意気込みを語った。

【チケット情報はこちら】

「明日のラストゲームはこのチームでの集大成になるので、自分たちの力を発揮し、チーム一丸となって勝ち切りたい」(久光製薬・酒井新悟監督)
「チーム誰ひとりも先週と同じゲーム展開ができるとは思っていない。最後の試合になるので、しっかり自分たちの手で優勝を掴みにいけるように、最後まで相手に隙を見せずにがんばりたい」(岩坂名奈主将)
「今シーズンの集大成としてすべての力を出し切るだけ。あの舞台で楽しみながら、しっかり頂点を取れるようにがんばりたい」(石井優希)

「先週の試合は実際のところ力の差がある。ではどう勝つのか。相手の力をしっかり知って、自分たちのやるべきことをやる。今シーズンの執念をしっかり出して勝ち切りたい」(東レ・菅野幸一郎監督)
「自分たちが積み上げてきたもの、練習してきたものをしっかり出し切るだけ。選手、スタッフ、東レが一丸となって試合に臨みたい」(堀川真理主将)
「とにかく東レらしいバレーをして、試合を見てくれた人が“バレーって楽しいな”“バレーやってみたいな”と思ってもらえるような試合をしたい」(黒後愛)

第1戦で出た課題をどう第2戦に生かしていくか問われると、監督・選手たちは次のように答えた。

「チームとしてチェックしたのは自分たちの良かったところを確認した。スキルで言えばサーブであったり、ブロック、ディグの部分を確認した」(酒井監督)
「先週は出だしはよかったが、中盤自分たちのミスから相手に流れがいった場面もあった。勝ち切るまで何が起こるかわからないので、最後まで集中力を切らさずにやり切ることが大事になる」(岩坂)
「先週の試合で東レにやられたプレーの修正と、あとは自分たちのプレーを磨くだけ。自分たちのバレーができれば」(石井)

「0-3で負けたのでいいところはないと思っている。うまくいかなかったところを修正し、しっかり的を絞って駆け引きをもってやっていきたい」(菅野監督)
「先週のゲームは自分たちの良さが全然出せなかった。もう1回自分たちの良さや武器をチームで話し合い、それをしっかり出すために練習してきた」(堀川)
「最後打たせる場面まで持っていけなかったので、2本目の精度をチームで確認してきた」(黒後)

女子『V・ファイナルステージ グランドファイナル』第2試合・久光製薬×東レは4月13日(土)・武蔵野の森総合スポーツプラザにて開催。チケット発売中。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます