ウエンツ瑛士&濱田めぐみが演じる、時代の寵児の光と影

2015.10.9 14:20配信
ミュージカル『スコット&ゼルダ』稽古場より ミュージカル『スコット&ゼルダ』稽古場より

『ジキル&ハイド』等を世界的に大ヒットさせ、今年は『デスノート THE MUSICAL』世界初演を成功に導いたブロードウェイの作曲家、フランク・ワイルドホーン。彼が音楽を手がけたミュージカル『スコット&ゼルダ』が今月、日本初演の幕を開ける。主演はウエンツ瑛士と濱田めぐみ。開幕を目前に控えたその稽古場を取材した。

チケット情報はこちら

主人公はアメリカを代表する小説家F・スコット・フィッツジェラルドとその妻ゼルダ。フィッツジェラルドと言えば『楽園のこちら側』の大ヒットで若くして一躍名声を手に入れた男で、代表作『華麗なるギャツビー』は今でもアメリカ文学の最高峰と賞されている。そしてゼルダはその彼にインスピレーションを与え続けた運命の女。1920年代、狂乱のアメリカで時代の寵児となったセレブ夫婦だ。さぞかし華やかなアメリカン・ドリームの世界が描かれるに違いない……と思い足を運んだ稽古場だったが、その予想は心地よく裏切られた。

いや、もちろん煌びやかな見せ場もふんだんにある。物語は山西惇扮するジャーナリスト・ベンが、精神病院で療養しているゼルダに取材をする形式で綴られていくのだが、ゼルダの語る、スコットとの生活は華々しい。ふたりは恋に落ち、成功を手に入れる。夜毎の大騒ぎを歌う『唸るほどの金』などは、軽快なジャズにクールなダンスが粋な、いかにもアメリカ発のミュージカルらしいナンバー。スコット役のウエンツ瑛士は『華麗なるギャツビー』の主人公さながらに、若さと自信に満ち、刹那の輝きを放つ。ゼルダ役の濱田は、大胆不敵なミューズを奔放に演じ、視線を引き付けて離さない。シーンごとに何役も演じ、ダンスシーンでは色気のある存在感を見せつける中河内雅貴も魅力的なスパイスだ。

しかしベンは、ゼルダの語る話に、どこか違和感を感じていくのだ。その違和感の正体とは何か? なぜゼルダは精神病院にいるのか? 巧みな物語進行に気付けば引き込まれていく。やがてスコットとゼルダは、あっという間に世間から“古い存在”と見なされてしまう。挫折し、傷つき、傷つけあっていくふたり。そもそもふたりの間にあったのは、愛なのか、それとも別の何かだったのか……。答えはぜひ舞台で確かめてほしい。華やかさはもちろんある。だがこれはむしろ切なくやるせなく、とても美しい物語。日本の観客の心の琴線に、繊細に触れる作品になりそうだ。

公演は10月17日(土)から11月1日(日)まで東京・天王洲 銀河劇場、11月7日(土)・8日(日)大阪・新歌舞伎座にて。チケットは発売中。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング