瀬戸康史と宮崎秋人が愛憎に揺れる兄弟に挑む

2015.10.15 16:30配信
Dステ17th『夕陽伝』公開稽古場より Dステ17th『夕陽伝』公開稽古場より

選ばれることを望まぬ者、選ばれないことを憎む者が辿る先は──? 舞台『TRUMP』の末満健一が脚本を書きおろし、先日、舞台『AZUMI』を盛況の内に終えた岡村俊一が演出、瀬戸康史の10周年記念作品となるDステ17th『夕陽伝』の公開稽古と取材が行われた。描かれるのは海里(瀬戸)と都月(宮崎秋人)の物語。長男の道から逃れようとする兄と、その道を正そうとする弟がぶつかり周囲を巻き込んでいく。

【チケット情報はこちら】

この日は名乗りとともに登場する各俳優の個性光るオープニング、続けてクライマックスのワンシーンを披露。Dステ初という200手にも及ぶ殺陣はすさまじい、の一言だ。古事記を題材にしながらも台詞には遊びがあり、ド派手な衣裳の鈴木裕樹に小芝風花が「ギョロ目のパンク野郎!」と一喝、取材陣から思わず笑いが起きる場面も。

鬼気迫る公開稽古の後は一転、和やかな囲み取材へ。瀬戸康史、宮崎秋人、小芝風花、遠藤雄弥、山本亨、岡村俊一が登壇し意気込みを語った。なかでも先日、D-BOYS加入が発表され、初参加となる宮崎は「入るからにはカンフル剤になりたい。プレッシャーはあるけれど板の上では同じなので、目の前の大きな壁を乗り越えたい」と抱負を語り。一方、瀬戸は「今、すごいハードルを上げられました!(笑)」と受けて立ち「毎日、稽古場に入ると全員で身体を動かし僕と秋人はプロティンを飲む!という所までがルーティンです」と仲の良さを明かす。

山本は「みんな、演劇が好きで焼いた鉄板みたいな熱さがあって俳優として末恐ろしい。とくに瀬戸くんは包容力があって輪を保つ心遣いがあり、昨日は私がご飯に連れて行ってもらいました!付いていきます」と大真面目に語り、「瀬戸くんとは初めて組みますが神経質で硬いかと思っていたら、実に色っぽくて柔らかい俳優なのでその魅力を存分に伝えます」と岡村も絶賛。「まさか今日、こんなに褒められるとは思わなかった……後が怖いです(笑)」と瀬戸。

先日、第1子が誕生した遠藤は「風花ちゃんの父親役ですが、うちも娘なので、風花ちゃんが瀬戸に心惹かれる姿に胸がざわつきます!でも、瀬戸康史ならいいかな」と親心をちらり。紅一点の小芝からは「大先輩ばかりで緊張していましたが皆さん優しくて、男子が毎日、くだらないことで盛り上がるのを見るのが楽しいです」と堂に入った発言が飛び出し、瀬戸に突っ込まれる一幕も。

彼らが集う、Dステ17th「夕陽伝」は10月22日(木)から11月1日(日)まで東京・サンシャイン劇場、11月21日(土)・22日(日)大阪・森ノ宮ピロティホールで上演。

取材・文:おーちようこ

※宮崎秋人の「崎」は正式には旧字。「大」が「立」になります。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング