ウエンツ瑛士らの繊細な演技で普遍的なテーマを描く

2015.10.23 11:30配信
左から、F・スコットフィッツジェラルド役 ウエンツ瑛士、ゼルダ・セイヤー・フィッツジェラルド役 濱田めぐみ 撮影:渡部孝弘 左から、F・スコットフィッツジェラルド役 ウエンツ瑛士、ゼルダ・セイヤー・フィッツジェラルド役 濱田めぐみ 撮影:渡部孝弘

小説『グレート・ギャツビー』で知られる作家スコット・フィッツジェラルドと妻ゼルダを新しい視点で描いたミュージカル、『スコット&ゼルダ』が東京・天王洲銀河劇場で開幕中だ。時代の寵児となりながら破滅へとたどるスコットにウエンツ瑛士が、彼と共に時代のアイコンとなるも、非業の死を遂げるゼルダには実力派の濱田めぐみが扮し、華やかな歌とダンス、さらに緊張感漂う芝居で見応えのある舞台となっている。

ミュージカル『スコット&ゼルダ』チケット情報

1948年のアメリカ。ゴシップ作家のベン(山西惇)は、入院患者のゼルダ(濱田)を取材するため、ある精神病院を訪れる。ゼルダの夫スコット・フィッツジェラルド(ウエンツ)は1920年代に人気作家となり、夫妻の豪遊と奇行の数々は世間を賑わせた。あれから20余年。スコット亡き今、ベンはゼルダから裏話を聞いてひともうけしようともくろんでいたのだ。だがゼルダが当時の様子ーー華やかな生活とスコットとの確執の両方を生き生きと語るに従い、ベンの心情は次第に変化してゆく。スコットとゼルダの真実の姿とは、いったい何だったのか……。

ウエンツは連続する濱田とのデュエットソングでも伸びのある歌声を聞かせ、ミュージカル出演2作目とは思えない出来。また作家の無邪気な横暴ぶりを、芸術家の純粋さゆえと説得力をもって示すことができるのは、ウエンツの瑞々しい存在感ならではだろう。純粋さと表裏一体であるスコットの脆弱さをも怖れずに表現し、新境地を見せている。冒頭で「鏡のよう、僕たちは似てる」という歌詞がある通り、スコットの希有なきらめきを乱反射する存在が、濱田演じるゼルダだ。自身も華やかな存在でありながら、より大きな光に引き寄せられるようにスコットと結婚し、それが彼女の人生に苦しみをもたらすことになる。濱田は揺れ動く心情を魅力的かつ的確に表現。終盤、自立へともがき続けたゼルダが、晩年を過ごす精神病院でひとり見せた表情が胸に迫った。

舞台はショー要素の強い華やかな1920年代の様子と、"現在"である1948年の精神病院での芝居とが交互に進行。ベン役の山西はゼルダの言葉をノートにとりながら、舞台脇に出ずっぱりという辛抱役だ。だがゼルダへの聞き取りを続けるうち、一介のゴシップ作家に過ぎないベンもまた、かれらの屈折した光に取り込まれてゆく。自分はいったい何者かーー。私たちすべての心の底にひそむ問いを、山西はそのさまざまな表情の変化で客席に投げかけてみせる。

元々は米国発のミュージカルだが、普遍的な人間ドラマへと押し上げたのは、日本版演出の鈴木裕美の手腕だろう。艶のあるダンスで圧倒する中河内雅貴が〈1920年代の象徴〉役としてアンサンブルを率い、"個"と"時代"の対比を鮮やかに照らし出していたのも印象に残った。

公演は10月17日(土)から11月1日(日)まで東京・天王洲 銀河劇場、11月7日(土)・8日(日)大阪・新歌舞伎座にて。チケットは発売中。

取材・文 佐藤さくら

いま人気の動画

     

人気記事ランキング