【特集】「第28回 東京国際映画祭」の舞台裏

【東京国際映画祭】『地雷と少年兵』に100点満点多数! コンペ作品”満足度調査”速報レポ【第1回】

2015.10.24 15:45

先日、開幕した第28回東京国際映画祭。メインの「コンペティション部門」には選りすぐりの16作品がノミネートされています。そこで「ウレぴあ総研」では、劇場にて満足度調査を実施! その第1回目をランキング順に発表していきます!

先日、開幕した第28回東京国際映画祭。中でもメインのコンペティション部門には選りすぐりの16作品がノミネートされており、この中から最高賞の「東京グランプリ」が決定する。果たして栄冠はどの作品に? 実際、映画を見た観客の評価は?

これからどの作品を見ようかと考えている方のためにも、コンペティション作品の第1回目の上映終了時点での観客による満足度、および感想をランキング順にレポート!

4位:『ぼくの桃色の夢』(10月23日上映)

©Wanda Media Co.,Ltd ©Single Man (Beijing) Culture Development Co.,Ltd

満足度:69.4

<項目別5段階評価>
俳優:3.8
ストーリー:3.3
音楽:3.2
演出:3.6

中学で一目ぼれした女性を大人になってもひたすら愛し続ける男の姿を描いた中国映画。少年期の性衝動から青年期の欲望への揺れをコミカルな描写も交えつつ描くが、やがて主人公・チャオの人生は思わぬ展開を見せ……。

「コメディタッチの映画と思いきや、少年が大人へと成長していく姿と中国の社会的な変化が重なって描かれ、よかった」(40代・男性)

「前半と後半で印象が全く異なる映画で面白かった」(40代・男性)

80年代から始まり、経済成長を続ける中国と主人公の歩みを重ねた描写が特徴だが、少年・青年期と大人になってからのパートで作品のテイストが大きく変化することに関しては様々な感想が寄せられた。特にラストの思わぬ描写については賛否が分かれるようで、中には共感と共に「監督が自身を反映させたのでは?」という声も! 純粋な初恋を瑞々しく描いた部分には多くの称賛が寄せられていた。

なお本作は10月26日にTOHOシネマズ 六本木ヒルズにて、10月27日に新宿バルト9にて上映される。

人気記事ランキング