ホテルオークラ東京、想い出の品が百万円のアクセに

2015.10.27 13:30配信
シャンデリアを加工したイヤリング(100万円) シャンデリアを加工したイヤリング(100万円)

今年の8月31日、建替えに向けて閉館したホテルオークラ東京 旧本館。同館の客室やレストラン、宴会場で使用されていた家具などの備品を販売する「ホテルオークラ東京 Charity Project for Music」が決定した。

今回の販売は「お客様との想い出の共有」、「社会への貢献」が目的となっており、販売で得た収益は音楽活動の発展に役立てるという。

販売商品は、宴会場や公共スペースの壁紙・絨毯などの備品を加工して制作。シャンデリアを加工したペンダント(販売価格100万円)や、イヤリング(100万円)、貴賓室「ロイヤルスイート」のカーテンを加工したクッション(9500円)、ルームナンバープレートと避難経路図(10000円)、新聞受けを加工したブックスタンド(5500円)、ホテルオークラ東京オフィシャルグッズであるペーパーウェイトなど、この機会でしか手に入れられないメモリアルグッズがチケットぴあ限定で販売される。

販売は、まずホテルオークラ会員組織One Harmony会員向けに、11月4日(水)午後6時から22日(日)午後11時59分まで実施。その後、チケットぴあで11月24日(火)午後6時から12月31日(木)午後11時59分まで一般向けに販売。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング