東京ディズニーリゾート「ショー抽選アプリ」導入3つの狙い パークの未来を徹底予測

2015.10.28 15:00

2015年10月26日、東京ディズニーリゾートは、人気エンターテイメントの鑑賞席の抽選がスマートフォンでできる「ショー抽選アプリ」を発表しました。導入の狙いを解説し、東京ディズニーリゾートの未来がどう変わるのかについて、徹底予想します。

ワンス・アポン・ア・タイム ©Disney

2015年10月26日、東京ディズニーリゾートは、人気エンターテイメントの鑑賞席の抽選がスマートフォンでできる「ショー抽選アプリ」を発表しました。

詳しい情報や、アプリの使い方は、東京ディズニーリゾート公式ウェブサイト「ショー抽選アプリ」で紹介されています。

このアプリは無料で提供される予定です。配信開始は2015年11月2日から、と告知されました。

今回はショー抽選アプリについて、導入の狙いや、東京ディズニーリゾートの未来がどう変わるのかについて、考えていきたいと思います。

ショー抽選アプリの仕組み

東京ディズニーリゾートでは、一部のショーで座席の抽選制が導入されています。

2015年10月時点で導入されているのは、以下のショーです。

  • ワンス・アポン・ア・タイム(東京ディズニーランド)
  • ワンマンズ・ドリームⅡ-ザ・マジック・リブズ・オン(東京ディズニーランド)
  • ビッグバンドビート(東京ディズニーシー)

これはより多くのゲストに、均等にショーの座席を提供するために行われています。

東京ディズニーリゾートのショーの抽選は、1つのショーにつき、1日1グループで「1回のみ」となっています。

現在、ショーの抽選はパーク内にある抽選所で行っています。

しかし、ショー抽選アプリがあれば、わざわざ抽選所まで行かなくても、いつでも・どこでも抽選できるようになるのです。

アプリの使い方は簡単です。抽選するショー・公演時間を選び、グループ全員のパークチケットのQRコードを読み取るだけ。

あとは運に任せると、当選か落選かがすぐに分かる仕組みになっています。

ショー抽選アプリで当たった場合は、座席指定券(当選券)ではなく、パークチケットを入り口のキャストさんに見せます。

キャストさんにコードを読み取ってもらい、当選の確認ができれば入場できる仕組みです。

アプリを使えば、自分がどのショーの、どの公演に当選したのかを、すぐに調べることもできます。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます

いま人気のディズニー動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント