D*MANIAで混雑予想・対策を担当するDisneyColorsが、「この日なら空いている!」という1月9日に、東京ディズニーシー(TDS)でこの日に運営されていた29施設を1日で回りきる企画にチャレンジしました。

©Disney

東京ディズニーシー(TDS)が1年でもっとも空くのは1月!

そんな閑散期に、全アトラクションに乗れるかチャンレジしてみました!!

壮絶な時間との闘いをぜひご覧あれ。7ページからは、総括と効率よくアトラクションを回るためのアドバイスも!

 

混雑予想担当DisneyColorsが、ガラガラに空いている日の魅力をレポート!

東京ディズニーランド・東京ディズニーシーの年間パスポートを長年持ち、普段は混雑予想を扱う個人サイトを運営、そして『ウレぴあ総研』のディズニーメディア『D*MANIA』内でも混雑予想・混雑対策の記事を担当している筆者がお送りする、今回のパークレポート。

著者紹介:DisneyColors|D*MANIA
Disney Colors - 東京ディズニーランド 東京ディズニーシー 混雑予想(筆者ウェブサイト)

テーマは “混雑を予想して、空いているときを狙って行くと、どれだけ楽しめるか” ということ!

でも、ただ空いているパークをレポートしたって面白くありません。

そこで、やったことありそうで、なかなかやったことがなかった、“1日で全アトラクションに乗れるかチャレンジ” をしました!

対象は、東京ディズニーリゾート・オフィシャルウェブサイトで、待ち時間表示があるアトラクションと、グリーティング施設です!

参考:今日のパーク情報|東京ディズニーリゾート・オフィシャルウェブサイト

 

決行は2015年1月9日! ディズニーシーの29施設を1日でまわれるかチャンレジ!

今回のチャレンジの実行日は、2015年1月9日(金)!

パークが年間でもっとも空くのは1月です。このあとのレポートでも紹介しますが、本当に人がいなくてガラッガラになるのが1月。

そんな閑散期がスタートするのは、例年、冬休みが終わる1月7日や8日頃。

1月13日からは「スウィート・ダッフィー」がスタートするため、ダッフィーのグリーティング施設が混雑しそうです。

そこで、その間の平日となる、1月9日がベストと判断しました。

1月9日(金)は、10時開園、20時閉園。空いてる1月の特徴でもある、営業時間が短い日になります。

休止施設は「インディ・ジョーンズ®・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮」、「ディズニーシー・エレクトリックレールウェイ」、「ブローフィッシュ・バルーンレース」、そしてリニューアル中の「マーメイドラグーンシアター」です。

これらの施設を除いた、全29施設の制覇に挑戦します! その壮絶な戦いの結果をご覧ください!

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます

いま人気のディズニー動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント