シャーロット『シカゴ』でブロードウェイデビュー!

2015.11.2 16:30配信
ミュージカル『シカゴ』 (c)Masahiro Noguchi ミュージカル『シカゴ』 (c)Masahiro Noguchi

2014年にNHK連続テレビ小説「マッサン」でエリー役を演じ、一躍国民的ヒロインとなったシャーロット・ケイト・フォックスが、10月31日(土)、アメリカ・NYで上演中のミュージカル『シカゴ』で、ブロードウェイデビューを果たした。

【チケット情報はこちら】

シャーロットの役は、浮気相手を殺害した容疑で一躍メディアの寵児となるヒロイン、ロキシー・ハート。その役を躍動感に満ちたパフォーマンスで演じ切り、大いに観衆を魅了した。良妻の役であるエリーとは真逆の、セクシーな黒のミニドレスに新鮮な赤毛のウィッグ姿で、あの輝くようなブロンドヘアーを封印。“艶やかな悪女”ロキシー役でも、どこか憎めない愛らしさで周囲を虜にし、ポジティブに前へ前へと進んでいく彼女ならではの女性像で、一風変わったスタイルで“アメリカン・ドリーム”を描く『シカゴ』らしさを存分に体現していた。

歌とダンスに関しても、見事な舞台度胸で揺ぎ無いパフォーマンスを披露。共演者であるブロードウェイのベテラン俳優からも賞賛されるほどの演技のリズム感で、完璧なNY舞台デビューを終えた。

シャーロットは初舞台の終了後の取材にて、「エキサイトな気分。まだまだこれからも上手くなりたいし、向上心をもって務めていきたい。今日は、その第一歩です」と謙虚に語った。弁護士ビリーを演じたジェイソン・ダニエリーは「向上心は、彼女の魅力のひとつ。日本公演でもブロードウェイでの経験が役に立つと思います」と日本公演へエールを送り、ロキシーのライバルともいえるヴェルマを演じたアムラ=フェイ・ライトは、「シカゴは来年20周年を迎える世界的なショー。普通の人が共感できる内容と、セットに頼らず、俳優のパフォーマンス、ミュージシャンの奏でる生の音楽の生み出すパワーが魅力」と作品をアピール。すると、シャーロットも「できた!」と日本語で喜びを述べ、「この作品とパフォーマンスを日本の方にも見てほしい。良いパートナーたちと日本公演で経験を積んでいきたい。楽しみにしています」と、日本公演へ意気込んだ。

シャーロット・ケイト・フォックスは、ブロードウェイ公演に11月15日(月)まで出演した後、12月4日(金)から来日公演を行う。チケットは現在発売中。

■ブロードウェイミュージカル『シカゴ』
東京公演:12月4日(金)~23日(水・祝) 東急シアターオーブ 26公演
大阪公演:12月26日(土)・27日(日) 梅田芸術劇場メインホール 4公演

いま人気の動画

     

人気記事ランキング