『バトルシップ』ワールドプレミアで浅野忠信、「この場に立てて最高」

2012.4.4 14:28配信
『バトルシップ』ワールドプレミアに登場したピーター・バーグ監督、グレゴリー・D・ガドソン、ブルックリン・デッカー、テイラー・キッチュ、アレクサンダー・スカルスガルド、リアーナ、浅野忠信(写真左から)

ユニバーサル映画100周年記念作品『バトルシップ』のワールドプレミアが3日に国立代々木競技場第一体育館で行われ、主演のテイラー・キッチュをはじめ、共演する浅野忠信、リアーナ、ブルックリン・デッカー、アレクサンダー・スカルスガルド、グレゴリー・D・ガドソン、ピーター・バーグ監督、そして土屋アンナらゲストがレッドカーペットに登場した。

その他の写真

エイリアンと世界連合艦隊の壮絶な戦いを、『ハンコック』のバーグ監督が壮大なスケールで描いた本作。突然の襲撃に立ち向かう過程で、米海軍の新人将校アレックス(キッチュ)と、そのライバルである日本人自衛艦長ナガタ(浅野)が友情を育んでいく。

この日のために会場に集まった大勢の観客に対し浅野は、「日本が世界で一番最初に一般のお客様に観てもらえることになって嬉しい。こんな盛大な場所でイベントが行えるなんて夢のようです」と興奮の様子。本作で女優デビューを果たしたリアーナも「初めての映画出演がこんな超大作なんて誇りに思う」と笑顔。バーグ監督は、「日本とアメリカは協力し合っている。両国が手を取り合いエイリアンに立ち向かうという、日米の絆を描いた作品を手がけられて本当に嬉しい」と喜びを語った。

一方キッチュは、「温かく歓迎していただきありがとうございます。日本でワールドプレミアが行えて嬉しいです」と感謝の気持ちを表した。そして最後に浅野が、「小さい頃から面白い映画を観るのが好きだった。そして今自分が出させていただいて、この場に立てることが最高です。友人や家族と何度でも観てください」と、感動しきりの様子でPRし締めくくった。本作は、13日(金)より全国公開される。

『バトルシップ』
4月13日(金)TOHOシネマズ 日劇ほか全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング