“新しい尾道映画”が明日から公開に

2015.11.6 9:55配信
『乱死怒町より愛を吐いて』(C)乱死怒町

これまで数多くの文学や映画の舞台になってきた広島県尾道市で撮影された映画『乱死怒町より愛を吐いて』が明日から公開になる。『デストロイ・ヴィシャス』『冴え冴えてなほ滑稽な月』の島田角栄監督が手がける作品で、これまでにない“新しい尾道映画”になっているという。

その他の画像

尾道は、志賀直哉、正岡子規、林芙美子らにゆかりがあり、大林宣彦監督が数々の名作をこの地で撮影してきた。尾道は古い町家が並ぶ古風な一画から少しずつ姿を変えており、本作では現在の尾道を舞台に、妄想と現実を入り混じった演出で新たなドラマを描き出していく。ミュージシャンだけでなく、俳優として舞台でも活動する後藤まりこ、KONTA、お笑い芸人の鳥居みゆきらが出演し、大塚明夫が声優を務める。

映画は明日から渋谷ユーロスペースでレイト公開されるほか、12月5日(土)からは大阪でもレイトショー公開される。

『乱死怒町より愛を吐いて』
11月7日(土)より渋谷ユーロスペースで公開

いま人気の動画

     

人気記事ランキング