映像版前編が配信、どうなる!?『秒速ドリーマー』

2015.11.6 13:12配信
劇団スカッシュ新作「秒速ドリーマー」映像版 劇団スカッシュ新作「秒速ドリーマー」映像版

劇団スカッシュは、大塚竜也・大塚祐也・中田大地・前川健二の4人構成。劇団として活動する一方で、プロモーションのために始めたYouTubeでドラマやネタ動画を配信すると、練り込まれたストーリーや映像のクオリティーの高さで、目の肥えたユーザーたちから支持されるようになった。はじめしゃちょーやMAHOTOといったYouTuberたちとドラマで共演するといった話題性も豊富で、オフィシャルYouTubeチャンネルの登録数は24万人以上、総再生回数は1億1000万回を超えている。

そんな劇団スカッシュの新作『秒速ドリーマー』はYouTuberがテーマで、自分たちの日常を投影したかのような内容だ。彼らの得意とするYouTubeで映像版配信を行ってから、続編を舞台で演じるという手法で展開していく『秒速ドリーマー』は現在、映像版の前編が配信中だ。もうご覧いただいただろうか?

侍レシーブはYouTuberとして活動する映像集団で、YouTubeでドラマを配信し続けている。勝手にライバル視しているYouTuberカテキチと同じ日に新作『叫び続ける雨』を配信。結果、カテキチに惨敗した侍レシーブの脚本家であり監督の哲郎は、企業から依頼された動画作品の締めきりが迫っているにもかかわらず、仲間に何も言わずに姿を消してしまう。

劇団スカッシュのこれまでの作品とは何かが違うような印象。シュールな笑いや、個性の強すぎるキャラクターの派手なアクションもない。「世界って、素敵だよね」という言葉で閉じられる約13分の前編に流れる静けさは、後編や舞台版という嵐の前の静けさに過ぎないのかもしれない。しかし、彼らの作品を愛するファンだけでなく、初めましての人にとっても、この静けさから何かしらの期待を感じることができるはずだ。

YouTubeで公開される映像版『秒速ドリーマー』の後編は11月6日(金)公開。そして11月26日(木)から12月6日(日)、笹塚ファクトリー(東京・渋谷区)で舞台公演が行われる。映像版の余韻にひたりながら、ここからどう舞台へとストーリーがつながっていくのかと想像してみる。しかし、その想像をさらっと簡単に超えてしまうスカッシュワールドが展開されるに違いない。舞台公演のチケットは好評発売中。

文:吉川ゆこ

いま人気の動画

     

人気記事ランキング