『パディントン』日本語版のキャスト発表!

2015.11.17 12:5配信
『パディントン』

全世界40か国で翻訳されている児童書を実写映画化する『パディントン』の日本語版で、松坂桃李のほか、木村佳乃、古田新太、斉藤由貴、三戸なつめが声優として参加することが発表され、それぞれが担当するキャラクターが描かれた新ポスターが披露された。

その他の写真

本作は、ペルーのジャングルから家を探すため、イギリスの首都ロンドンへやってきた紳士なクマが、ブラウン一家と出会い、住む家が見つかるまでの間、一緒に暮らしながら繰り広げる笑いあり、涙あり、ハプニングありの冒険を描くもの。

「『パディントン』が小さい頃から大好きだった」という木村が演じるのは、パディントンをつけ狙う謎の美女・ミリセント。ニコール・キッドマンが演じており「彼女が表現したお芝居を日本語でいかにわかりやすく声だけで表現していくかに気を配って演じました」とコメント。

一家の父・ブラウンさんを演じる古田は「声優の仕事は好きなので、ふたつ返事で『やらせてください』と引き受けました」といい、「洋画の吹き替えはあまり経験がないので楽しくやれました。(声優を担当したブラウンさん役を演じるヒュー・ボネヴィルは)ブレスとか呼吸の位置が非常に独特な俳優さんだったのでちょっと難しかったですが、面白かったです」と明かした。

一家の優しいお母さん・ブラウン夫人(サリー・ホーキンス)を担当した斉藤は「メリー・ブラウンというキャラクターは“物語の挿絵画家”という設定で、家の中のインテリアのしつらえなどもとてもセンスのよさが滲み出るもので、そういう女性の吹き替えができたのはとても嬉しかったです」と話し、中学生の娘・ジュディ役の三戸は、劇中でパディントンからクマ語を教わる場面があるといい、「パディントンの可愛い世界観や、家族の絆にも注目して観ていただきたいです! 私のクマ語も是非聞いてください!^ ^」とコメントを寄せた。

『パディントン』
2016年1月15日(金) 全国ロードショー

(C)2014 STUDIOCANAL S.A. TF1 FILMS PRODUCTION S.A.S Paddington Bear, Paddington AND PB are trademarks of Paddington and Company Limited

いま人気の動画

     

人気記事ランキング