BD&DVD本日発売! 原監督が語る『百日紅』

2015.11.26 10:40配信
原 恵一監督(C)2014-2015 杉浦日向子・MS.HS/「百日紅」製作委員会

『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』、『河童のクゥと夏休み』などのアニメーション監督として知られ、13年には初の実写映画『はじまりのみち』も放った原 恵一監督。それ以来の作品となったのが、監督自身、嫉妬さえすると公言するほどの大ファンである、杉浦日向子の原作漫画をアニメ映画化した『百日紅~Miss HOKUSAI~』だ。DVD、BDリリースを前にした監督に話を聞いた。

その他の画像

「初めて実写の監督を経験して、それまで積み上げてきた監督としてのキャリアが1回、崩れたような感覚がありました。あまりにも違う世界で。今、これからは実写で行きたいといった考えはありませんが、なかなかアニメーションの監督に戻れなかったのも事実です」と正直な思いを口にする原監督。その監督が、アニメーション映画復帰作として選んだのは、かねてより自身が大ファンだった杉浦日向子の『百日紅』だった。

「杉浦さんの作品の映像化は僕の夢でした。ただ同時にすごく手ごわい作家でもあると思っていたので、その作品を預からせてもらうことに対しては怖さもありましたね」。葛飾北斎の娘・お栄(杏)と北斎(松重豊)、お栄の妹・お猶らの物語が四季を通じて語られる本作。本編には、北斎の『神奈川沖浪裏』を思わせるシーンや、『北斎漫画』執筆のくだり、『大達磨絵』などが登場するが、監督がよりポイントを置いたのは生活描写だった。

「どの作品を作っても、観ている人の身近にどれだけ登場人物が感じられるかということに、注意を置いています。それをおろそかにしてはいけないといつも思っているんです。北斎をただただ偉大な絵師として描くこともできたと思いますが、そうではない北斎を描きたかった。原作の北斎もどこか人間としての弱さがあったりする。それがお栄にはわかっているんです」。

冒頭からロックがかかるのも印象的だ。「かなり早い段階から、最初の曲はロックにしたいと思っていました。杉浦さんがよくロックを聴きながら江戸漫画を描いていたというのを読んでいたことも理由のひとつかもしれません。江戸の街並み、特に杉浦さんの描く江戸にはロックがよく似合う。江戸の生活感もですが、同時にタイトルが持つような江戸の華やかさも意識した作品です」。

『百日紅~Miss HOKUSAI~』
Blu-ray特装限定版:7800円+税
Blu-ray通常版:4800円+税
DVD通常版:3800円+税
発売中

『百日紅~Miss HOKUSAI~』原 恵一絵コンテ集セット
Blu-ray特装限定版:9600円+税
Blu-ray通常版:6600円+税
DVD:5600円+税
発売中
※Amazonとバンダイビジュアル公式通販サイト「BVC」限定発売

発売・販売元:バンダイビジュアル

取材・文・写真:望月ふみ

いま人気の動画

     

人気記事ランキング