劇場版『名探偵コナン』に青山剛昌が意味深コメント

2015.12.2 11:14配信
『名探偵コナン 純黒の悪夢』 (C)2016 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

来年4月に公開される『名探偵コナン』の新作タイトルが『名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)』に決定し、原作者・青山剛昌が書き下ろしたティザービジュアルが解禁された。原作の超重要キャラクターが総出演し、コミックでもいまだ明かされることの無い“黒ずくめの組織”の内部に迫る新たな局面が描かれるという本作。青山は「今度の映画は真っ黒な話ですが、観終わったあと何色の気持ちになれるかはあなた次第です(笑)」とコメントを寄せている。

その他の写真

『…純黒の悪夢(ナイトメア)』は、ある漆黒の夜、日本警察にスパイが侵入するという事件から始まる。スパイは、MI6やCIAなど各国の諜報機関に関する機密データを持ち出そうとするが、安室透率いる公安が駆けつけそれを阻止。車で逃走したスパイを追って公安は高速道路でカーチェイスを繰り広げるが、スパイの車は、突然、姿を現したFBI赤井秀一のライフル弾に撃ち抜かれ、道路の遙か下へ転落してしまう…。

ティザービジュアルには、公安の安室、FBIの赤井、そしてコナンの体を小さくさせた張本人である黒ずくめの組織メンバーであるジンの姿が描かれており、新作映画では、この4つ巴の戦いの末に“ある真実”が明らかにされるという。

さらに、先日公開されたプロモーション映像に一瞬だけ登場する“オッドアイ”を持つ人物が、物語の鍵を握る女性であることも発表された。その瞳の持ち主とコナンたちは、スパイ侵入事件の翌日に東都水族館で出会うが、ケガをして自分の名前もわからないほどの記憶喪失状態になっており、コナンたちは、彼女の記憶が戻る手助けをするため一緒に過ごすことにする。

本ビジュアルを使用したティザーチラシは、12月12日(土)から一部劇場を除く全国の劇場で配布され、同日、映画公式サイトでは30秒の特報動画が掲載される。

『名探偵コナン 純黒の悪夢』
2016年4月16日(土)全国東宝系にて公開

いま人気の動画

     

人気記事ランキング