『アバウト・レイ 16歳の決断』予告編が公開!

2015.12.3 6:00配信
『アバウト・レイ 16歳の決断』(C)2015 Big Beach, LLC. All Rights Reserved.

『マレフィセント』などのエル・ファニングがトランスジェンダーの主人公を熱演する映画『アバウト・レイ 16歳の決断』の予告映像が公開された。男の子として生きる決意をした我が子に戸惑いながらも応援する母をナオミ・ワッツ、レズビアンであることをすでに告白している祖母をスーザン・サランドンが演じる。

『アバウト・レイ 16歳の決断』予告映像

本作は、『リトル・ミス・サンシャイン』や『サンシャイン・クリーニング』などで様々な家族を描いてきた製作チームが集結して描く家族ドラマ。男の子として生きたいとカミングアウトしたレイ(エル)と、動揺を隠せない母マギー(ナオミ)、レイを密かに応援する祖母ドリー(スーザン)の3世代の家族が、時にぶつかり合いながらも、新しい人生へと歩みを進めていく姿を描く。

予告編には、自分の気持ちを貫くレイの姿と、そんなレイに戸惑い、葛藤しながらも、レイの決断を応援しようとするマギーの強さが描かれる。レイは華麗にスケボーを乗りこなし、体重増加に喜び、完全に男の子として過ごしているが、マギーは、レイが治療を施すことでいつか後悔することを恐れている。しかし、“変わること”を恐れないドリーや、“本当の自分”になることを願うレイの言葉に、マギーの心は次第に変化し、別れた夫に治療の同意を得るべく説得に向かう。

揺れ動く気持ちがすべて解決するわけではないものの、映像の最後には「“レイ”を生んだことが最高の選択だった」と言うマギー。ぶつかり合い、傷つけ合いながらも、家族であり続けることの大切さと温かさが伝わってくる映像になっている。

『アバウト・レイ 16歳の決断』
2016年1月22日(金)よりTOHOシネマズシャンテ他にて全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング