恋愛市場を見ると、やっぱり目を引くのは、話しやすかったり面白かったり、見た目に華があったり…といったわかりやすい魅力を持つ男性だと思います。

確かに、その手の男性はカッコいいし、キュンとしますよね。

でも、ちょっと待って! その手の男性以外にも、もっと目を向けるべきタイプの男性がいます。

それは「エンジニア系男性」です。先のタイプと比べると、ぱっと見て「素敵!」と感じることは少ないかもしれませんが、エンジニア系男性は恋愛・結婚におけるパートナーとして、素晴らしい性質を持っています。

ここでは、エンジニア系男性の特徴を押さえながら、結婚相手としておすすめしたい理由をご紹介します。

エンジニア系男性はこんなに素敵!結婚相手におすすめな理由

勉強熱心で向上心にあふれている

エンジニア系男性の多くは勉強熱心です。技術がどんどん進歩する分野であるため、学び続けることは欠かせません。勉強会やセミナーに積極的に参加したり、技術本を読んで独学したりと、エンジニア系男性は向上心の塊です。

さらに、最近は海外拠点で働くエンジニアも増えています。そのため技術のみならず、語学を勉強し、2カ国語、3カ国語話すようになるエンジニアも。とにかく“知”の吸収に貪欲なところが魅力のひとつといえます。

そんな男性と結婚すると、自身もいい影響を受け、仕事のスキルアップをしたり、人間力を高めたりしようと、自然とがんばってしまうこと間違いなし。もし彼の海外行きに同行することになれば、力を合わせてやっていけるはずです。

一途で、パートナーを大事にする

職場には男性が多いエンジニア系男性。理系出身者が大半なので、学生時代も女性が少ない環境だったといえます。そのためよほどのモテ男を除き、恋愛経験が豊富とはいえない男性のほうが多いでしょう。

言い方を変えると、エンジニア系男性は一つひとつの恋愛を大事に育むタイプであるということ。女性と出会う機会が少ないなか、必然的に出会って付き合い始めた相手を大事にする傾向があります。

だからこそ、もし関係が危うくなったとしても、別れる決断を軽はずみにすることはなく、話し合いを通じて打開策を探るなど、恋愛に対し丁寧な姿勢を取ろうとします。こういう男性こそ、本当の意味でパートナーを大事にする人といえるでしょう。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます