シャーロットの“愛され力”弾ける『シカゴ』が開幕

2015.12.7 15:50配信
ブロードウェイミュージカル『CHICAGO』 ブロードウェイミュージカル『CHICAGO』

ブロードウェイで歴代2位のロングラン記録を更新中のミュージカル、『シカゴ』の来日公演が12月4日、東京・東急シアターオーブで開幕した。1999年の初来日以降、日本人キャストによる日本語版、米倉涼子が来日カンパニーに混ざった英語版、さらにはオール女性キャストによる宝塚OG版など、日本でも様々なバージョンが製作されている人気作。今回の目玉は、NHK連続テレビ小説「マッサン」で一躍人気者となったシャーロット・ケイト・フォックスが、2週間のブロードウェイ公演を終えて“凱旋”する形で主演していることだ。

ブロードウェイミュージカル『CHICAGO』チケット情報

シャーロットが演じるのは、不倫相手に捨てられそうになり、逆ギレして殺してしまう主婦ロキシー。敏腕弁護士の力を借りて無罪を勝ち取ろうとするばかりか、スキャンダルを利用してスターになろうとまで目論む、紛れもない悪女役だ。下品なセリフも数多く、「マッサン」の聡明で愛情深いエリーとは真逆とも言える役だが、舞台が進むうち、シャーロットが演じるからこその共通点も見えてくる。それは、観ている側が応援せずにはいられなくなる、絶大な“愛され力”。身勝手な嘘を次々と繰り出すロキシーだが、シャーロットが演じるとそこに打算は感じられず、ひたすらキュートでコケティッシュに見える。元々の実力と努力もさることながら、これはやはり天性のものだろう。

ロキシーと反目し合うヴェルマを演じる、アムラ=フェイ・ライトとの相性も抜群だ。ブロードウェイをはじめ世界各地で同役を務め、史上最高のヴェルマ女優と謳われる彼女は、2010年には日本で、日本語でも同役を演じている。知らない言語で芝居をして共感を得る、という途方もない難題を見事にクリアしたという意味で、シャーロットとは同志でもあるわけだ。劇中には、ふたりのそんな絆を感じさせるアドリブ的な掛け合いもあり、観る者の胸を熱くする。ふたりの好演が、スタイリッシュでクールな作品本来の魅力を際立たせながら、どこか身近にも感じられる『CHICAGO』を作り出していた。

初日に先駆けて3日に行われた記者会見には、「マッサン」でエリーの義母を演じた泉ピン子がサプライズ登場。それまで笑顔で取材に応じていたシャーロットだが、花束を持って現れた泉の姿を見るや、抱きついて大粒の涙をこぼした。「びっくり、うれしい、かんどう、ほんとに!」と日本語で感激を表すシャーロットに対し、「うちの“嫁”が本当に頑張っているロキシーをひとりでも多くの人に観てほしい」と“親心”を見せる泉。最後には、TVカメラに向かってPRするシャーロットに、泉が「観に来てね、ってちゃんと言わないと!」とダメ出し(?)して見せ、感動と笑いの会見は幕となった。

東京公演は12月23日(水・祝)まで。その後、12月26日(土)・27日(日)に大阪・梅田芸術劇場メインホールでも上演。

取材・文:町田麻子

いま人気の動画

     

人気記事ランキング