溝端淳平が虚構の迷宮を彷徨う。音楽劇『レミング』開幕

2015.12.9 18:45配信
音楽劇『レミング~世界の涯まで連れてって~』 音楽劇『レミング~世界の涯まで連れてって~』

寺山修司の戯曲を松本雄吉と天野天街が上演台本化し、松本が演出を手がける音楽劇『レミング~世界の涯まで連れてって~』が開幕。初日を前に、フォトコールと囲み会見が行われた。

音楽劇『レミング~世界の涯まで連れてって~』チケット情報

フォトコールで披露されたのは、セクション5「もぐら叩き」とセクション11「間奏曲」~セクション12「行き過ぎよ影」の一部。「もぐら叩き」のシーンでは、溝端淳平演じるコック1/タロの部屋の畳の下で、麿赤兒演じる母が、息子を威嚇したり泣き落としたり。タロはそんな母に反抗しつつも離れることができない。リアルであると同時に超自然的でもある麿の存在感と、何をしても新鮮さと清潔感を失わない溝端のたたずまい。タロが母に煙管をせがまれ、自ら一服してから母にくわえさせる姿などに、ひと筋縄ではいかない親子関係がうかがえる。

次に、「間奏曲」から「行き過ぎよ影」にかけてのシーン。冒頭、“少女”役の青葉市子とアンサンブルメンバーが、テーマ曲「Come down Moses」を歌い、舞台全体をミステリアスな雰囲気で満たす。続いて霧矢大夢扮する往年の映画スター、影山影子が登場し、溝端が演じるコック1と柄本時生のコック2/ジロは、彼女の映画撮影の現場に巻き込まれる。しかし、そこが実は病院であることを示す台詞もあり……。ドラマティックかつロマンティックな風情を漂わせる霧矢や、独特の抒情が滲む飄々とした演技の柄本が、現実と虚構の境目を曖昧にする。虚構の迷宮を、登場人物たちと共に観客もさまようのだ。

その後の囲み会見では、溝端、柄本、麿、霧矢がそれぞれ、「空想や夢のような中に現実的で生々しいところがある作品で、今は浸っている時間がとても心地良いです。音、美術、お芝居の全てが融合した素晴らしいものになっていると思います」(溝端)、「寺山作品をやれたら嬉しいなという憧れがあったので、嬉しいです。がんばりますので、ぜひ観に来ていただきたいです」(柄本)、「(畳の下にいる母の役について)大地の母という感じで。“アングラ”やってます。寺山世界の過去と未来と言いますか、壮大な夢と、そして母子の情愛と、そういうものが入り組んだ世界を堪能していただきたい」(麿)、「日常と虚構が入り乱れたような作品で、私は映画の世界に捕われた女優の役。若者二人を虚構の世界に誘います。寺山さんの作品は本当に言葉が美しいので、大事に演じたいです」(霧矢)と抱負を語った。

同い年の溝端と柄本の共演は「三回目」だが「ガッツリは初めて」と、双子のように声を揃えるなど、二人の息はピッタリ。個性豊かなキャストたちが、幻想的でユニークな作品世界を体現していく。

取材・文:高橋彩子

いま人気の動画

     

人気記事ランキング