【ディズニー】公演開始から20年! 劇団四季ミュージカル『美女と野獣』3つの魅力 観劇レポ

2015.12.17 15:00

劇団四季ではディズニー映画『美女と野獣』をもとにした舞台を、1995年から上演しています。そんな舞台が2015年11月24日、公演20周年を迎えました。今回はロングラン公演を続けるミュージカル『美女と野獣』の3つの見どころを紹介します。

©Disney / 劇団四季©Disney / 劇団四季

今も多くの人に愛されているディズニー映画『美女と野獣』。劇団四季ではこの映画をもとにした舞台を上演しています。

2015年11月24日、劇団四季の『美女と野獣』は公演20周年を迎えました。

今回はロングラン公演を続けるミュージカル『美女と野獣』の3つの見どころを紹介します。

 

見どころ その1「魅力的なミュージカルナンバー」

©Disney / 劇団四季©Disney / 劇団四季

劇団四季の『美女と野獣』を語るうえで欠かせないのが、数多くのミュージカルナンバーでしょう。

映画版で使われた楽曲やミュージカルオリジナルの楽曲を、舞台ではキャストが情感豊かに歌い上げています。

1幕で最も盛り上がるシーンといえば、何といっても「ビー アワ ゲスト(おもてなし)」ですね。

「ビー・アワ・ゲスト」は1幕で最も盛りあがる。特殊効果を使った演出は迫力満点! ©Disney / 劇団四季「ビー・アワ・ゲスト」は1幕で最も盛りあがる。特殊効果を使った演出は迫力満点! ©Disney / 劇団四季

映画版でもおなじみのシーンですが、舞台では数多くのキャストが登場して、歌や踊りを披露する豪華絢爛なシーンに仕上がっています。

花火などの特殊効果も使われていて、火薬のにおいが客席まで伝わってくるほどです。

1幕の最後のシーンに登場する「愛せぬならば」は、ビーストの苦しむ気持ちが込められています。

「愛せぬならば」は舞台版オリジナルナンバー。ビーストの悲痛な思いが込められている。©Disney / 劇団四季「愛せぬならば」は舞台版オリジナルナンバー。ビーストの悲痛な思いが込められている。©Disney / 劇団四季

ベルに自分を愛してほしい、呪いを解いてほしい、しかし彼女からは拒絶されてしまう…。

野獣として粗暴な性格だったビーストが、徐々に人間らしい気持ちを取り戻していく、きっかけとも言えるナンバーになっています。

2幕で印象的なシーンは、舞台のタイトルと同じ「美女と野獣」のシーンです。

映画版でもおなじみのダンスシーン。ベルとビーストがお互いに惹かれあっている気持ちが伝わってくる。©Disney / 劇団四季映画版でもおなじみのダンスシーン。ベルとビーストがお互いに惹かれあっている様子が伝わってくる。©Disney / 劇団四季

ミセス・ポットの歌声に乗せて、ベルとビーストの距離が詰まっていき、そして2人のダンスシーンへ…。

ビーストがベルに寄せる思い、そしてベルがビーストに寄せる思いが、やっと通じ合う瞬間ですね。

今回紹介したシーン以外にも、舞台では魅力的なミュージカルナンバーがたくさん登場しますよ。

 

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます

いま人気のディズニー動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント