前作とは全てが異なる!『ライチ☆光クラブ』稽古場潜入

2015.12.16 18:50配信
残酷歌劇『ライチ☆光クラブ』より。中村倫也 残酷歌劇『ライチ☆光クラブ』より。中村倫也

12月18日(金)に開幕する残酷歌劇『ライチ☆光クラブ』。原作は、古屋兎丸の同名コミック。1985、86年に上演された東京グランギニョルの演劇『ライチ光クラブ』を、その約20年後の2006年に古屋が漫画化したものだ。2012年には、コミックを原作として江本純子の演出で舞台化。チケットは即日完売、追加公演、追々加公演まで行われ、翌2013年にも再演を果たすほどの熱狂を生んだ。そして今年、演出に河原雅彦、劇作・脚本に「劇団鹿殺し」の丸尾丸一郎、パフォーマンス演出には「東京ゲゲゲイ」の牧宗孝を迎え、再び『ライチ☆光クラブ』が誕生する。

残酷歌劇『ライチ☆光クラブ』チケット情報

同作は、工場からの黒い煙に覆われた町、螢光町の廃墟に、学生服に身を包んだ少年たちが集う秘密基地「光クラブ」での出来事を描いた物語。彼らはある「崇高なる目的」のために“甘美なる機械(マシン)”である「ライチ」を創りあげる。醜い大人になることを拒み、永遠に美しくあることを選んだ少年たちの幼いが故の純粋で暴力的な欲望と狂気―。帝王として君臨するゼラと8人の少年たちによるグランギニョル=残酷劇を描く。

稽古場を訪れたのは、開幕を11日後に控えた12月7日。まず聞こえてきたのは、ゼラを演じる中村倫也の歌声。劇中歌のレコーディングが行われていた。今作は“残酷歌劇”。前作とは異なり、歌やダンスが取り入れられた舞台だ。中村が歌う隣では、「光クラブ」のタミヤ役・玉置玲央が芝居の確認を重ねている。レコーディングが終わると、圧倒的なパフォーマンスが話題のダンスチーム「東京ゲゲゲイ」のメンバーが先導を切り、全員で洋楽にのせてストレッチを始めた。この濃厚なメンバーで作られる新たな『ライチ☆光クラブ』に期待が高まる。

稽古が始まりいきなり圧倒されたのは、一幕の冒頭からみせられるダンス。ゼラへの服従を感じさせる光クラブの一糸乱れぬダンスだ。「東京ゲゲゲイ」のBOWが、女性ながらに「光クラブ」のデンタク役としてキャストを引っ張り、首や手の角度まで細かに調整していく。1回踊るごとに完成度がメキメキと上がっていく様子は見ていて気持ちがいいほどだが、最初はダンス経験があまりないキャストもいる中で9人の動きを合わせるだけでも大変だったという。パフォーマンス演出の牧は「(ダンス中の)ちょっとした表情がいい」と声をかけていた。ゼラを妄信し、彼らの正義を貫き踊る少年たちの表情は見どころだ。

冒頭シーンの終わりに河原が「ここまでで(チケット代のうち)4千円分!」と言ってキャストを笑わせていた。現場からはそれを超える気合いが十分に感じられる。中村や玉置をはじめ、吉川純広や尾上寛之、池岡亮介ら注目の若手俳優が揃う本作。彼らの新たな一面が見られるはずだ。

公演は12月18日(金)から27日(日)まで東京・AiiA 2.5 Theater Tokyoにて。

取材・文::中川實穗

いま人気の動画

     

人気記事ランキング