観客大満足! 何度も観たくなる家族の物語『ツインズ』

2015.12.17 15:32配信
舞台『ツインズ』古田新太 撮影:中川實穗 舞台『ツインズ』古田新太 撮影:中川實穗

2015年も残り2週間を切り、ここに来てグッと年末感が増してきました。年内に済ませておきたいことや年明けの準備などで慌ただしい日々を過ごしている方も多いかと思いますが、ここらでちょっと一息ついて、演劇でもご覧になってはいかがでしょうか。

ただいま、東京・パルコ劇場では、『ツインズ』が、絶賛上演中です。

この作品は、演出家の長塚圭史さんと、劇団☆新感線の看板俳優である古田新太さんが10年ぶりにタッグを組んだ作品として、大注目を浴びている話題作。長塚圭史さんといえば、NHK連続テレビ小説「あさが来た」にサトシ役で出演中ですので、役者としてご存知の方も多いかと思いますが、日本を代表する演出家のひとりとして世界から注目されています。10年前の『LAST SHOW』は、その過激で衝撃的なストーリーと、演者たちの緊張感のある芝居が話題を集め、「第13回読売演劇大賞優秀作品賞」も受賞しました。

それ以来のタッグとあって、今回も上演前から演劇ファンの期待が集中。しかも、古田新太さんから「家族の嫌な話を書いてほしい」という要望を受け、「家族の病んでいる部分、僕の思う家族の闇の部分と光の部分を併せて描いた」と長塚圭史さんが記者会見で語っているように、自信作となったようです。

ストーリーはというと、海辺で仲良く暮らす一家の日常が描かれているのですが、東京から次男が帰省したことから、少しずつこの家族のおかしい“何か”が明らかになっていきます。観る者は瞬きする暇もないほどに、家族の行く末をじっと見守ることしかできなくなります。

観劇した方の感想を見てみると、「登場人物の言動、行動は常軌を逸しています。普通の感覚では共感できないことも多い」や、「家族と他人、暴力とエロ、生と死、自殺と他殺、これらはすべて白昼夢なのか、現実なのか」など、今回もなかなかの問題作のよう。長塚作品を多く観劇している通の方は、「長塚作品の新しいスタイルとして評価できる作品だとおもいます」と大満足でした。「また観て、掘り下げて理解したい舞台でした」という難解な内容がクセになるという意見も多く、1度ならず数回観劇に行くという方も多いようです。主演の古田新太さんを筆頭に、多部未華子さん、りょうさん、吉田鋼太郎さんらのテレビでは決して観られない狂気の演技もみどころです。

パルコ劇場では12月30日(水)まで。年明けからは全国各地を回ります。1月6日(水)から11日(月・祝)まで大阪・森ノ宮ピロティホール、1月16日(土)・17日(日)福岡・北九州芸術劇場、1月23日(土)・24日(日)新潟・長岡市立劇場、1月30日(土)・31日(日)長野・まつもと市民芸術館。お近くの方はこの機会に観劇してみてはいかがでしょうか。

古田さんが所属する劇団☆新感線は今年で35周年。早くも次回作が決定しています。稲森いずみさんや、大東駿介さんを迎えた新作は、その名も、「いのうえ歌舞伎《黒》BLACK『乱鶯』」。こちらも期待してお待ちください!

文:門 宏

いま人気の動画

     

人気記事ランキング