『コミックジャック-RETURN2016-』パンフ撮影潜入

2015.12.17 17:55配信
木戸邑弥 木戸邑弥

2003年、2014年に上演された人気作再び! というわけで、2016年上演の舞台『コミックジャック-RETURN2016-』パンフレット撮影現場に潜入だ!

舞台『コミックジャック-RETURN2016-』チケット情報

物語は、自身の描く作品世界に迷い込んでしまった漫画家・天辺麻人が元の世界に戻るべく、主人公のヒーロー・ジンと奔走する冒険活劇譚だ。まずはジンに挑む、伊崎龍次郎さんを直撃。
──笑いの絶えない撮影でした。
伊崎:衣裳を着ると気持ちが上がって、弾けました! スタッフの皆さんも「ジンがいる!」って言ってくださってすごくうれしかったです。
──ジンはどんなキャラクターでしょう。
伊崎:ヒーローですがすごく人間味があって、凹むし、酔っ払って愚痴ったりするんです。ぼく自身も弱いところがあるので共感できます。ただ、同時に熱い面もあって、そこも似ていると思うので、めいっぱいジンに心を寄せて魅力的なヒーローを演じたいです。
──12月ですが、今年はどんな一年でしたか?
伊崎:たくさんの舞台に立たせていただき、激走!の年でした。この作品が、新年最初の舞台になるので、そのまま続けて走っていきたいです。初めて共演する方と初めて立つ劇場と、初めてだらけの新年に向け、今は少しでも役を深めたいです。
──皆さんにひとこと、お願いします。伊崎:文字通り、おもちゃ箱をひっくり返したような、楽しい作品世界を楽しんでください!

続けて、主演で漫画家・天辺麻人を演じる木戸邑弥さん、登場です。
──撮影はいかがでしたか?
木戸:ペンを持った手元だけを撮る、という経験は初めてでした。ちょっと恥ずかしかったですが、どんなパンフレットになるのか楽しみです。
──夢を諦めない主人公です。
木戸:はい! 麻人は漫画家として作品のために苦しみますが、僕自身も役のために苦しむことがあって、努力を続けています。だから、もっともっと麻人を知って近づきたいです。同時に座長を務めさせていただきますが、俺についてこい、というタイプではないので(笑)。出演者全員で、いい舞台を創りあげたいと思っています。
──12月ですが、今年はどんな一年でしたか?
木戸:充実、ですね。映像も舞台もライブも…色々と経験させていただいた一年になりました。「コミックジャック」から始まる2016年も、充実した一年にしたいと思います。
──皆さんにひとこと、お願いします。
木戸:人気作品なので、前作の方々の思いを継ぎ、僕らは僕らにしかできない舞台を創りあげます。それには、まず僕らが楽しんで、その空気をまるごと観てくださる方々に届けたいと思います。

彼らの冒険活劇は、2016年1月20日(水)から27日(水)まで東京・紀伊國屋サザンシアターにて。

取材・文/おーちようこ

いま人気の動画

     

人気記事ランキング