いざスーパーラグビーへ、サンウルブズの全容が

2015.12.21 18:10配信
写真左より垣永真之介(サントリー)、矢富勇毅(ヤマハ発動機)、マーク・ハメットHC、エドワード・カーク 写真左より垣永真之介(サントリー)、矢富勇毅(ヤマハ発動機)、マーク・ハメットHC、エドワード・カーク

12月21日、スーパーラグビー(SR)日本チーム・サンウルブズの発表記者会見が行われた。ヘッドコーチにはマーク・ハメットが就任した。現役時代はクルセイダーズで4度の『SR』優勝に貢献、オールブラックスとして2度の『W杯』を経験。さらにヘッドコーチとして、『SR』のハリケーンズを率いた。ハメットHCは「クルセイダーズは『SR』で7回優勝しているが、一年目は最下位だった。最下位だったが、『SR』で勝つための礎を築いた。サンウルブズでも礎を作りたい。新しいチームのカルチャーを作りたい」と意気込みを語った。気になる34名のメンバーは以下の通り。

【FW】稲垣啓太(パナソニック)、三上正貴(東芝)、山本幸輝(ヤマハ発動機)、有田隆平(コカ・コーラ)、木津武士(神戸製鋼)、堀江翔太(パナソニック)、垣永真之介(サントリー)、具智元(拓殖大)、平野翔平(東海大)、大野均(東芝)、真壁伸弥(サントリー)、エドワード・カーク、ティモシー・ボンド、リアキ・モリ、ファアティンガ・レマル(宗像サニックス)、細田佳也(NEC)、村田毅(NEC)、アンドリュー・デュルタロ、トーマス・レオナルディ
【BK】井上大介(クボタ)、日和佐篤(サントリー)、矢富勇毅(ヤマハ発動機)、立川理道(クボタ)、トゥシ・ピシ(サントリー)、田村優(NEC)、デレック・カーペンター(トヨタ自動車)、パエア・ミフィポセチ(NTTドコモ)、山中亮平(神戸製鋼)、アマナキ・ロトアヘア(リコー)、山田章仁(パナソニック)、ジョン・スチュワート、笹倉康誉(パナソニック)、山下一(豊田自動織機)、リアン・フィルヨーン

記者会見に出席した選手たちは次のように語った。

「今やらないでいつやるだという気持ち。また新しい歴史を作りたい。勝負事なので負けてもいいゲームなんてない。決勝トーメント進出をまず目指したい」(山田)
「世界最高のリーグで戦うのは楽しみ。簡単ではないが、チームの礎を作りたい」(矢富)
「2019年に向けて、チームとしても個人としても素晴らしいチャンスをもらった。決勝トーナメントを目指したい」(垣永)
「私の一番の強みはアグレッシブさ。そのアグレッシブさをチームに還元したい」(カーク)

ニュージーランド、オーストラリア、南アフリカを舞台に世界最高峰のラグビーリーグとして知られるSR。今季から日本とともにアルゼンチンチームも参戦し、『W杯』4強すべてが揃うことになった。南アフリカカンファレンス1を戦うサンウルブズは、2月27日(土)・秩父宮ラグビー場でライオンズとの初戦を迎える。チケットは1月16日(土)プレイガイド先行販売、1月23日(土)一般発売。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング