華やかでテンションが上がる曲から、琴線に触れて思わず涙が出てしまうような曲まで、名曲揃いのディズニーソング。

数々のディズニー映画を彩る、ディズニーの名曲を、結婚式のBGMに使いたい…と思う方も多いと思います。

そこで今回は、2019春に挙式を終えたばかりの卒花嫁である筆者が、実際のBGMリストを大放出!

数百曲のディズニーソングを日々聞いて過ごしている筆者が本気で考え抜き、最新曲からマニアックな曲まで盛りだくさん。

こだわりポイントや、実際の使用感、会場での雰囲気などのレポも交えて、シーン別にご紹介します。

特に「結婚式のBGMはディズニーが良い!」「でも、人とはあまり被りたくない…」と思っている、ディズニーマニアなプレ花嫁さんは、必見です!

BGM決めのポイントは?

テーマを置くと決めやすい!

さて、いざBGMを決めにかかろう…と思っても、膨大なディズニーソングから好きなものをピックアップするだけでも、かなりの労力だと思います。

だって、選べないぐらい名曲揃いなんだもの。

ディズニー好きなら、特に自分がお気に入りのディズニー映画や、キャラクターがいるはず。

どれか1つの作品でもいいですし、ディズニープリンセス系に絞ったり、ショーパレ楽曲で固めたり…

何か1つテーマを決めて、楽曲をピックアップして行くのは、とっかかりとしてやり易い方法です。

(筆者の場合は「ラプンツェル」「春らしい明るい曲」をテーマにしました。)

お助けアイテム、コンピレーションアルバム

また、後述の著作権の関係で、「用意するCD原盤をなるべく少なくしたい…」と言う節約花嫁さんには、コンピレーションアルバム等がおススメ!

年代を超えた名曲が一挙に収録されているので、欲しい曲が必ず見つかるはずです。

ウェディングBGMに特化した作品も、多数発売されていますよ。

著作権の問題はどうなる…?

1つ最初に気にしておきたいのが、著作権。

せっかくこれだ!と言うBGMが決まっても、式場で実際に使用できなければ意味がありません。

著作権についての法律も日々変わっており、筆者の場合は

「挙式・披露宴のBGMはCD原盤を持ち込めばOK」

「映像作品(プロフィールムービーなど)への使用については、別途申請し許可が下りた場合のみ可能」

と言ったシステムでした。(2019年4月現在)

時期や式場によっても変わってくると思うので、まず最初にしっかり確認しておきましょう。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます