花男、初ミュージカル。いよいよ開幕!

2016.1.6 18:20配信
会見より。左から、上山竜治、白洲迅、加藤梨里香、松下優也、真剣佑 会見より。左から、上山竜治、白洲迅、加藤梨里香、松下優也、真剣佑

大人気少女コミック『花より男子』(原作:神尾葉子/集英社マーガレットコミックス刊)が初のミュージカル化。1月5日、東京・日比谷シアタークリエにて初日を迎え、道明寺司役の松下優也(X4)は「ようやく皆さんに観てもらえる。すごく楽しみ」、牧野つくし役の加藤梨里香は「初日でドキドキワクワクしています。今までやってきたことを発揮できたら」と意気込みを語った。

舞台『花より男子 The Musical』チケット情報

本作は、『マーガレット』で1992年から2003年まで連載され、累計発行部数6,100万部を誇る日本一売れている少女漫画。国内にとどまらず、韓国や台湾でもドラマ化され、広く愛されている。物語は、セレブが通う名門校「英徳学園高等部」を舞台に、庶民の牧野つくしが、学園を牛耳る御曹司集団「F4」(=Flower 4・花の4人組)に翻弄されながらも、持ち前の明るさでたくましく生きる学園ラブストーリー。

「ミュージカルですので、役の心情を歌で表現しています。台詞で語らない分、歌に注目してほしいです」という加藤の言葉通り、歌とダンスで物語の世界へ引き込んでいく。約3,000人が参加したオーディションを勝ち抜いた加藤の歌声は、つくしの様々な気持ちを歌に乗せ、感動的に響き渡った。

F4の4人は、いずれも注目を集める若手のイケメン俳優ばかり。ちょっとおバカで気まぐれな道明寺司、クールで優しい花沢類(白洲迅)、プレーボーイの西門総二郎(真剣佑)、マダムキラーの美作あきら(上山竜治)のキャラクターの魅力はそのままに、ミュージカルとして新たに生まれ変わった“花男”の世界が広がっていた。

原作のストーリーをベースに展開し、つくしがひとり浮いている学園シーンから始まる。F4に目を付けられ、学園中からイジメにあうも果敢に立ち向かっていく。花沢と出会う非常階段のシーンや、藤堂静(古畑奈和(SKE48))のバースデーパーティでドレスアップした5人の衣装も注目だ。公開ゲネプロはつくしが道明寺にデートを申し込まれるところまで。この先の展開は本編で確かめてほしい。

『花より男子 The Musical』東京公演は、日比谷シアタークリエにて1月24日(日)まで。チケット発売中。その後、福岡、名古屋、大阪でも上演する。

撮影・取材・文: 門 宏

いま人気の動画

     

人気記事ランキング