「ジュディと ニックのジャンピン・スプラッシュ」撮影/YOSHI ©Disney

東京ディズニーランドでは2019年7月9日(火)〜9月1日(日)、エンターテイメント・プログラム「ジュディとニックのジャンピン・スプラッシュ」を開催。

一足早く報道陣向けに公開された、新しいお昼の散水ショー「ジュディとニックのジャンピン・スプラッシュ」の模様を速報でお届けします。

昼の散水ショー! 主役は『ズートピア』

シンデレラ城前にステージが設営されるのは、6年ぶり! 

今年の昼の散水ショーの主役は、ディズニー映画『ズートピア』(2016)のジュディ・ホップスとニック・ワイルドです。

警察官の2人が、ゲストを暑さから守るために大量の水を持って、東京ディズニーランド・シンデレラ城前にやってきます。

夏を届ける「トライ・エヴリシング」

ディズニー映画『ズートピア』といえば、主題歌の「トライ・エヴリシング」(Try Everything)ですね。

2017-2018年に公演されたディズニー夏祭り・エンターテイメントプログラム「燦水! サマービート」でも人気の1曲でした。

今年の夏の始まりに選ばれたのは、その「トライ・エヴリシング」。

この曲が東京ディズニーランドに夏を届けます。

みんなで元気に歌い踊ろう!

シンデレラ城前に、主題歌「トライ・エヴリシング」のメロディーが流れると、
ジュディ「準備はいい? 」
ニック「早いところ片付けちゃおーぜ。」
という2人の会話が聞こえてきます。

2人の「ジャンピン・スプラッシュ」の掛け声とともに大量の水が一気に噴き上がり、ショーがスタート! 

その後、ダンサーやジュディ・ホップス、ニック・ワイルドがステージに登場し、連続した水しぶきが上がる中、手拍子や振り付けを交えてゲストを誘い、みんなで元気に歌い踊ります。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます