深津絵里&中村七之助。“現代版近松”での美の競演に期待!

2016.1.27 19:00配信
会見より。左から、デヴィッド・ルヴォー、中嶋しゅう、深津絵里、中村七之助、伊藤歩、音尾琢真  撮影:福井麻衣子 会見より。左から、デヴィッド・ルヴォー、中嶋しゅう、深津絵里、中村七之助、伊藤歩、音尾琢真  撮影:福井麻衣子

ロンドンやブロードウェイをはじめ世界をまたにかけ活躍をしつつ、日本でも数多くの作品を送り出している英国出身の演出家デヴィッド・ルヴォー。彼が近松門左衛門の心中ものをベースに作る新作舞台『ETERNALCHIKAMATSU ―近松門左衛門「心中天網島」より―』の制作発表会見が1月27日、都内にて開催された。主演は深津絵里、中村七之助。

舞台『ETERNAL CHIKAMATSU』チケット情報

もともとは、ルヴォーと故・中村勘三郎さんとで歌舞伎に取り組む約束をしていたそうで、今回の上演について「勘三郎さんと出会えたおかげ」とルヴォーは語る。紡がれる物語は、江戸時代を舞台に遊女小春と紙屋治兵衛、その妻おさんの三角関係を描いた『心中天網島』の世界と、現代日本で売春婦として暮らし、客のジロウと恋に落ちる女性・ハルのストーリーから、“愛”を描き出していくものになるとのこと。

「当初話していたものとは違う形になりましたが、勘三郎さんと語ったオリジナルの思いは詰まっている。作品のイメージは、近松作品の登場人物を通して、現代の日本と過去の日本とが手を結ぶというもの。過去と現在の女性ふたりが出会い、相手の中に自分を見つけ、ふたりが愛について探っていく」とルヴォー。

ダブルヒロインを務めるのが深津と七之助で、深津がハルを、七之助が小春を演じる。深津は「これまで何度も上演されている近松の物語を、デヴィッドさんがどう演出するのかに興味を抱きました。近松のドロドロした“愛の渦”に身をおけるのかな、と思ったら、私は現代を生きる女性の役でした(笑)。でもデヴィッドさんのあふれ出るアイディアがいたるところに散りばめられているので、とてもユニークな作品になりそうです」と楽しみにしている様子。七之助は「父の遺志を引き継げたことが嬉しく思う。父の思い描いていたものより、もっともっと、スケールの大きいものになっています」と話した。

ふたりは初共演になるが、深津が「七之助さんは、すごく軽やかで美しい。美しさではすでに負けているので、そこは足掻かず、その美しさを自分の中に取り入れたい」と話し、共演の伊藤歩も「(七之助の美しさには)降参です、そこを比べられてしまうと…」と語ったところ、七之助が「さっきから公開処刑みたいになってる、やめてください!」と悲鳴を上げ、場内が笑いに沸く一幕も。

なお、このダブルヒロインを配したことに関してルヴォーは「女性が女性を演じる、女性を男性が演じる、このふたつが同時に舞台に存在する時に生まれる緊張感や深みも探っていきたいし、そこが面白いポイントになると思う」と期待を話していた。

出演はほかに、中嶋しゅう、音尾琢真ら。公演は2月29日(月)から3月6日(日)まで大阪・梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ、3月10日(木)から27日(日)まで東京・シアターコクーンにて上演。チケットは発売中。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング