中島裕翔主演で『ぼくごは』実写化!

2016.2.1 10:7配信
『僕らのごはんは明日で待ってる』(C)2017『僕らのごはんは明日で待ってる』製作委員会

Hey! Say! JUMPの中島裕翔が、瀬尾まいこの恋愛小説を実写化する『僕らのごはんは明日で待ってる』(略して『ぼくごは』)で主演を務めることが発表された。原作は、ちょっと難ありの性格のふたりが、ファーストフードで“恋”をして、ファミレスで“愛”に気づき、食卓を一緒に囲む家族になるまでの7年越しの想いを描くラブストーリー。本作は1月末からタイで撮影を開始し、2017年の新春に公開される。

その他の情報

中島は、他人に無関心な無口な主人公・葉山亮太を演じ、映画『風のたより』で主演を務めた新木優子が、明るくて思ったことをずけずけ言う頑固なヒロイン・上村小春を演じる。監督は、漫才グループ・髭男爵の元メンバーという異色の経歴を持つ映画監督の市井昌秀(『無防備』『箱入り息子の恋』など)。

中島は「僕にとって初めてのラブストーリー出演ですが、脚本にある、きゅんとしてしまうようなシーンをちゃんと観客のみなさんにもきゅんとしてもらえるように演じたいと思っています」といい、映画について「とても温かいイメージの作品なのですが、7年間の間ではふたりをとりまく環境も変わって、けんかが起きたりもします。そんなマイナスなことすらも、生きていく過程のなかで大事に思えるようなふたりの時間やそれを経た関係性を見せられたら良いなと思います」と説明。

新木は「“ごはん”が大きなキーワードになる作品で、衣食住という人間の生活の基本に“食”があるように、二人にとっても大事な“食”がふたりをつないでいるのでそこも大切に演じられたらと思っています」とコメント。

市井監督は「糸が切れた凧のようにふわふわと生きている実感も無く生きている葉山亮太と、元気でガサツな上村小春。一見、なんの共通点も見当たらない二人だが、近しい人の不在を身を持って経験している。この男女をどこまでも重たい空気で描くことは可能だが、原作は軽妙なやりとりで軽やかに描いているからこそ、僕の心に強く響き、ぜひ映画化したいと思いました」と話し、「僕にとって原作の映画化は初めてです。原作者の想いと真摯に向き合い、きちんと映像に収めたい」と意気込みを語っている。

原作者の瀬尾は「映画化されるとのこと、とてもうれしく思います。監督さんや役者さんも素敵な方ばかりで、お名前をお聞きした途端、作品のいろんな場面が頭に浮かび、わくわくしてきました。映画が出来上がるのが待ち遠しいです」とコメントを寄せている。

『僕らのごはんは明日で待ってる』
2017年新春 全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング