映画とヴァーチャルリアリティがタッグ結成

2016.2.2 14:32配信
『ザ・ウォーク』VR体験会の模様(C)2015 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved.

公開中の映画『ザ・ウォーク』が好評を集めている。本作は、フランス人のフィリップ・プティが、1974年にワールド・トレード・センターで空中歩行を行うまでを実話を基に描いた作品だが、映画の公開を記念して、本作の世界観をモチーフにしたVR(ヴァーチャル・リアリティ)体験会を行っている。今年上半期に発売されるPlayStation(R)VRを使ったシステムで、参加者は空中歩行を体験し、結果的に映画を多角的に楽しめる内容になっている。

その他の画像

PlayStation(R)VRは長年に渡って“プロジェクト モーフィアス”という名で注目を集めてきたプロジェクトで、プレイステーション4に専用のVRシステムを追加することで、実際に“その場”にいるような体験ができる。『ザ・ウォーク』とのコラボレーションで実現した今回のイベントでは参加者がワールド・トレード・センターに設置されたワイヤーの上を“歩行”できる。本システムの特徴は参加者の“動き”も認知できることで、ヘッドセットを装着した参加者が前方に歩けば景色が進み、その場でしゃがみこめば目の前の景色も変化する。ヘッドセットをつけるとビルの屋上で、さえぎるものや安全柵はまったくなく、遥か後方に通りが見える。高所恐怖症の人であれば、一歩も踏み出せないほどの迫力だ。

今後は映画とVRはそれぞれの“強み”を生かして共存していくことになるだろう。VRは最初から最後まで自分の視点で、自分が映画の世界に入ってしまった感覚になるが、映画は巧みにカメラ(視点)を切り替え、ワイヤーを歩行するプティの表情、ぐらつく足元、屋上でそれを不安そうに見つめる仲間の顔、遥か下方の路上でプティの歩行を見上げる人々のカットを丁寧に積み重ねて、緊張感や感動、高揚感を生み出していく。このVRシステムを体験することでVRの可能性を感じるのと同時に、映画を手がけたロバート・ゼメキス監督とスタッフたちの映像表現の鋭さ、カメラ位置のうまさ、編集の妙を改めて感じることができるだろう。

『ザ・ウォーク』のVR体験会は3月以降に各地で行われ、本作だけでなく他の映画作品とも積極的にコラボレーションしていくという。

『ザ・ウォーク』
公開中

PlayStation(R)VR
発売元:ソニー・コンピュータエンタテインメント
発売時期:2016年上半期

いま人気の動画

     

人気記事ランキング