ただの男友達より距離は近いと思うけれど、彼氏とはいえない。そんな「友達以上恋人未満」な関係をズルズルと続けているうちに、恋人になるタイミングを逃してしまい最後は疎遠になる…。

お互いに好意があっても、どちらかが決定打を打たなければ先には進めません。

友達以上恋人未満から恋人に発展しなかった男女には、きっかけをあえて失う行動が目立ちました。

実際にどんなことがあったのでしょうか。ご紹介します。

1.駆け引きが多すぎて疲れた

「大学の頃から仲のいい女友達がいて、ふたりで買い物や映画を観に行くような近い距離でずっと過ごしていました。

でも、社会人になってから彼女のほうが『会社の人に食事に誘われちゃった』とか『次の休みはデートだから』とか、駆け引きというか俺の気持ちを試すようなことを始めて。

最初は心がざわざわして俺からも積極的に誘っていたのですが、それで調子に乗ったのか『会ってあげてもいいよ』といつの間にか主導権が彼女になっていて、会っても楽しくないなあと思うようになりました。

そのうち俺にもほかに気になる女性ができて、その子とは普通に約束ができるから当然そちらに気が向きますよね。

『好きな人ができた』と言ったらLINEも電話もブロックされたけど、駆け引きばかりの関係って疲れます」(30歳/教育)

相手の好意を引っ張る駆け引きは、友達同士であれば不要なものですね。

でも、距離感を保ったままで相手から気持ちを試されるようなことがあると、本当は好意があっても応えづらくなります。

そのストレスから別の女性に気持ちが向いてしまっても、駆け引きをした側は何も言えません。

ブロックで終わりなんて、悲しいけど女性のほうは自業自得かも、とも思います。

2. 本心と逆のことばかり口にしていた

「本当はずっと好きなんだけど、『いい友達だよな』と言われてしまってずっと本心を伝えられずにいた男友達がいます。

彼の家で宅飲みしてそのまま泊まってもまったく手を出してこず、本当に友人として大事にしてもらえているんだなと感じていました。

告白したいけど、断られたら今の関係が終わってしまう。それが怖くて、彼がほかに仲のいい女の子とご飯を食べに行くのも笑顔で話を聞いて、『早く彼女ができればいいね』なんて言っていて。

『あなたといるのが一番居心地がいい』と言ってくれるけど、それって友達だからだよね?と思うと『ずっとこのままでいたいね』と本心と逆のことばかり言っていました。

結局、彼が転勤になって関係は終わり、告白できなかったことを今でも後悔しています」(28歳/サービス)

気持ちを打ち明けることで今の関係が変わってしまうことを恐れるのはわかるのですが、それでも『彼女ができればいいね』なんて本心と逆のことを言ってしまうと、それを真に受けた相手は「俺と付き合う気はないんだな」と思います。

せっかく一番居心地がいい相手と言われたのに、好意を伝えることを避け続けていては関係に変化は起こりません。

振られるよりも言えなかったことのほうが、深い後悔となる場合もあるのですね。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます