男性には、好きな人についやってしまう行動があるようです。

そして、一見するとそう見えない行動であっても、そこに男性の「好き!」が隠されていることもあります。

今回は、そんな3つの行動をお届けします。

男性が「好きな女性」についやってしまう3つの行動

1:どうでもいいことで、いちいち絡んでくる

「好きな子には、言わなくていいことをつい言ってしまうことがあり、反省しています。

でも、どうでもいい子とは絡みたくないけど、好きな子だと、ついいじりたくなっちゃうんですよね…」(34歳男性/マスコミ)

「“いいな”と思っている子に飲み会とかで会うと、ついからかってしまいます。

ガチでむくれている姿なんかを見せられると、我ながら大人げない気がするけれど、まわりに“俺はこの子を狙っているから、よろしく!”的なのをわかってもらいたい意味もあるんですよ」(30歳男性/アート関係)

女性から見ると「意地悪をしてくる」「どうでもいいことにうるさい男」と思うようなことでも、実はその裏には好意が隠れていることも多いです。

幼いころの“好きな子には、スカートめくりしちゃう”のと同じような心理で、大人になっても思わず、好きな女性をからかってしまう男性も少なくないようです。

2:酔ったときのLINE

「お酒に酔ったときは、気が大きくなるって聞きますよね。僕も例外ではないようで、酒を飲むと、好きな子に連絡したくなっちゃいます。

でも、直接的に“会いたい”は言いにくいから、“何してんだよ”とか“今から、飲みにきたら?”とか、つい“上から目線”な口調になっちゃう(苦笑)。

相手はきっと、深夜にウザいLINEがきたって思っているんだろうなぁ」(32歳男性/サービス)

「ふだんは連絡を控えているのに、酒に酔うと、好きな子にLINEしてしまいます。内容は、他愛ない話なんですけどね。

酒のせいでブレーキがきかなくなって、相手の都合もお構いなしにLINEしちゃうのが、俺の悪い癖です」(34歳男性/不動産)

お酒に酔った男性からのLINEは、こちらがシラフのときほど迷惑にも感じるものです。

しかしこんなLINEにこそ、好意が隠されているケースも珍しくないのが実態というわけですね。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます