『X-MEN:アポカリプス』予告編が公開

2016.2.3 12:5配信
『X-MEN:アポカリプス』(C)2016 MARVEL & Subs. (C) 2016 Twentieth Century Fox

全世界で大ヒットを記録し続けている人気シリーズの最新作『X-MEN:アポカリプス』の予告編が公開になった。生まれたときから様々な特殊能力を持つミュータントたちの戦いと哀しみを描いてきたシリーズだが、最新作ではシリーズ最大にして最強の敵“アポカリプス”が出現。バトルだけでなく、ドラマもこれまで以上に深く、重厚なものになりそうだ。

その他の画像/予告編が公開

これまでの『X-MEN』シリーズではミュータントたちが望まずして持ってしまった力に苦しみながら、同志を集めてチームを組み、それぞれの意見や立場を巡って対立、和解、決裂する様が描かれてきたが、新作は1983年に、文明の誕生前から“神”として君臨していたミュータント“アポカリプス”が長きに渡る眠りから覚めるところからはじまる。

かつて世界を統べていたアポカリプスは、人類が間違った方向に進んでいると考え、この世界を破壊し、新たな秩序をもたらそうとする。そこで、人間にその存在を知られるも何とか社会に溶け込んでいた若いミュータントたちはアポカリプスの行動を阻止するべく動きだすが、その存在はあまりに大きく、その力はあまりに大きいことを思い知らされる。

このほど公開になった映像でも、アポカリプスは有史以前からこの世界に君臨していたことが繰り返し語られ、人間たちが語り継いできたラー(エジプトの太陽神)、クリシュナ(インドの神話に登場する英雄)、ヤハウェ(旧約聖書に登場する古代イスラエルの神)はすべて“アポカリプス”の別名であることが明かされる。演じているのは、『インサイド・ルーウィン・デイヴィス』や『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のオスカー・アイザックで、圧倒的な威厳とパワーで人類の前に立ちはだかる。

さらに本作ではスペクタクルだけでなく、絶対的な危機に直面したキャラクターのドラマも深堀りして描かれるようで、プロデューサーのサイモン・キンバーグは「シリーズの中で最大の作品になるよ。これまでにないような大胆な設定で、世界全体が破滅の危機にさらされるという物語なんだ。そして、シリーズ中最高の感動作になると思う」と予告している。

『X-MEN:アポカリプス』
2016年公開

いま人気の動画

     

人気記事ランキング