チーズコンシェルジュ厳選! 「冬に食べたいおすすめチーズ」5種

2015年11月、チーズ専門店「チーズのこえ」が東京・江東区にオープンしました。オーナーでチーズコンシェルジュの今野さんに、北海道産チーズだけに特化した理由や、冬におすすめのチーズなどさまざまなことをお聞きしました。

北海道産チーズだけに特化した専門店「チーズのこえ」

昨年11月、チーズ専門店「チーズのこえ」が江東区にオープンした。といっても外国産チーズはいっさいない。北海道産チーズだけに特化した専門店だ。

チーズ専門店「チーズのこえ」外観

「北海道には大小合わせて100ほどのチーズ工房があります。第一世代と呼ばれる60代のチーズ職人が営む工房や、そこで修業した若者が独立するなど、道内でチーズ作りを始める人が増えています。

うちでは熟練のチーズ職人や若手のチーズ職人が作ったものも含め、30のチーズ工房の製品を扱っています」

と話すのは、オーナーでチーズコンシェルジュの今野徹さんだ。

今野徹さん

そもそもなぜ北海道産チーズ専門店を開業することにしたのか。

「デパートで開催される物産展などで道産チーズを販売していますが、ただ置いておくだけではそのチーズの良さが伝わりません。どう食べるとおいしいのか。どんな人が作っているのかを語れるコンシェルジュになろうと思い、チーズのこえを始めました」

今野さんは北海道庁及び農林水産省で、15年間、酪農の生産現場において道産チーズに関わる仕事をしてきた。その経験を生かし、チーズ職人の個性や特徴、その味を語れるコンシェルジュになり、農場と食卓のつなぎ役になりたいと思い、チーズのこえを立ち上げた。

長年道内のチーズ工房に足を運び、数多くのチーズ職人と接してきた。ときに家に泊めてもらい、食事をご馳走になるなど、親戚づきあいしてきたチーズ職人も少なくない。

開業にあたり、信頼できるチーズ職人が作ったおいしいチーズだけを販売しようと考え、チーズ工房を厳選。30人のチーズ職人を選んだ。

チーズが作られている背景や環境、ストーリーを語るだけでなく、客のレスポンスをチーズ工房にフィードバックし、双方の「声」をつなぐ役割もになっている。

その中から、冬におすすめのチーズを5つ選んでもらった。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング