『怪談 牡丹燈籠』 稽古場の模様

「怖がらずに、面白いものを観にいくぞ!という気持ちで来ていただけたら」と言うのは、7月19日から24日(水)に東京・三越劇場にて上演される『怪談 牡丹燈籠』に出演する北翔海莉。「役者がゲラゲラ笑って稽古をしています」と言うとおり、稽古場では「こうしたら面白いよ!」とアイデアがどんどん生まれ、つねに誰かが笑っている。

【チケット情報はこちら】

「“怪談”という言葉の怖さを打ち砕くくらいコメディタッチ。幽霊も出てくるけど、実は生きている人間の方が怖いということをユニークに描いています。どの時代も人間は同じ。欲があって、焼きもちをやいて、浮気をして、金に目がくらんで後先考えずに熱が入っちゃう」

『怪談 牡丹燈籠』はこれまで、歌舞伎をはじめいろんなジャンルで繰り返し上演されてきた。北翔の演じるお峰は、夫の伴蔵(北村有起哉)とともに欲に目がくらんで運命を狂わせていく役。この夫婦を軸に、幽霊と浪人の悲恋や、殺人、主人への忠誠、家族の再会などさまざまに絡まり合う人間模様をコミカルに描いていく。

「お峰は“負けられない!浮気をつきとめてやる!”という気持ちの強さがありながら、惚れた女の弱さもある役。伴蔵との夫婦ゲンカなど、ポンポンと掛け合いが続くのでテンポを崩したらアウトなので、ぴりっと力をいれてやらないと」。稽古場での北翔は、相手役に集中して合わせる配慮を見せながら、中心に立つときにはビシッと決める。

歌舞伎の“早変り”“だんまり”なども大きな見せ場だ。「“早変り”は運動会みたいになると思う。ほぼ全員が“いつ着替えたの!?”と驚くほど変わっていて、冒頭5分くらいで汗だくになりそう(笑)」“だんまり”は暗闇のなか手探りでモノを奪い合う歌舞伎の場面のことだが、計算されたやりとりで可笑しさを演出する。稽古場では、上演台本・演出をつとめる日本舞踊藤間流宗家で歌舞伎の演出家・藤間勘十郎を筆頭に、それぞれが「そこでみんなが重なってみたらどう?」と目を輝かせながらアイデアを出す。実践してみては「じゃあこのパターンは?」「面白い!」と笑い声が響いた。

「出演者には2.5次元、ミュージカル、……いろんなカラーの方がいて新しいことを教えてもらえるのは、私にとって財産です。昨年の『恐怖時代』から引き続き信頼できる方々とご一緒できるのは心強いですし、今回初めてご一緒する北村さんも素敵な方。楽しい舞台なので、あまりかしこまらずに、怖がらずに観ていただけたら嬉しいです」

取材・文:河野桃子

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます