ついに揃う! 『メン・イン・ブラック』コンビが10年ぶりに来日!

2012.4.19 11:10配信
『メン・イン・ブラック3』新ポスター

ウィル・スミス、トミー・リー・ジョーンズ主演のSF超大作の第3弾『メン・イン・ブラック3』が5月25日(金)から日米同時公開になるのを記念して、スミスとジョーンズ、共演のジョシュ・ブローリンとバリー・ソネンフェルド監督が来日することが決定した。

予告編動画

『メン・イン・ブラック』は、人類に隠れて地球に生息する異星人たちを監視するMIBのエージェント、J(スミス)とK(ジョーンズ)のコンビの活躍を最新のVFXを用いて描いたSF大作。最新作も引き続き、スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務め、スミス&ジョーンズの名コンビを完全バックアップ。さらにシリーズ初の3D版での上映も決定している。

黒スーツにサングラスの名コンビが新作を引っさげて日本にやって来る! ふたりがそろって来日するのは2002年にパート2のPRで来日して以来、約10年ぶり。スミスは単独で繰り返し来日し、ジョーンズはBOSSのCMに出演しおなじみだが、『MIB』シリーズのファンとしては、ふたりが顔を揃え、あの独特の掛け合いを繰り広げる場面を目撃したいところ。さらに40年前の“K”を演じたブローリンとソネンフェルド監督が加わり、来日期間中はこれまでにない盛り上がりを見せることになりそうだ。ちなみに5月8日(火)には本作のジャパンプレミアも決定。4人が来場するとあって参加希望者が殺到することが予想される。

『メン・イン・ブラック3』


(C)2012 Sony Pictures Digital Inc. All Rights Reserved.

いま人気の動画

     

人気記事ランキング