舞台から想いが溢れる3人芝居『オーファンズ』開幕

2016.2.12 18:00配信
舞台『オーファンズ』ゲネプロより 舞台『オーファンズ』ゲネプロより

俳優集団D-BOYSの柳下大、劇団プレステージの平埜生成、高橋和也による3人芝居『オーファンズ』が東京芸術劇場で開幕した。

舞台『オーファンズ』チケット情報

トリート(柳下)とフィリップ(平埜)は、トリートの盗みで生計を立てている孤児の兄弟。ある日、トリートはハロルド(高橋)を誘拐し身代金を得ようと目論むが、ハロルドは意に介さずトリートに自身の仕事を手伝うように持ちかけ3人の共同生活が始まる、というストーリー。演出は宮田慶子、翻訳は劇作家・谷賢一。

椅子は倒れ、物は散乱し、ごみが溢れた部屋でひとり兄を待つフィリップ。そんな静かな時間と共にこの舞台は始まる。その静けさを崩すのは兄・トリート。少しでも気に食わないと怒鳴り暴力をふるう彼はフィリップを委縮させる。

そこに現れたハロルドが兄弟の生活を変える。どっしりと構え、温かく、博識なハロルド。彼が教えることで部屋は片付き、身なりが整い、温かい食事がテーブルに並ぶ。「お前には励ましが必要だ」と肩を抱かれたフィリップはみるみる自信をつけ、表情、話し方まで変わっていく。しかしトリートは長い間思うがままに過ごしてきたため感情のコントロールができない。特に怒りが暴力に直結するせいで仕事をさせてもらえず、いらだちは募っていく。うまくいかない自分、ハロルドを慕い変わっていく弟、そこに生まれる想い――。

後半はトリートの抑えつけられない感情と抑えつけていた感情、その両方が露呈。舞台から溢れ出し客席まで広がっていくような柳下の芝居が印象的だった。3人それぞれが持つ想いや過去を説明することなく伝える、繊細な芝居。それは宮田の演出の賜物ともいえる。

キャストのコメントは以下。
柳下「役者としてもっと新しい自分を見つけたいと思い、宮田慶子さんに演出をお願いした作品です。何度も壁にぶつかり悩み苦しみ、それでも必死に稽古をして、改めて一から芝居というものを見つめ直すことができました」

平埜「僕が演じるフィリップは、劇中ですごく変わっていきます。人が変わっていく、誰かに影響されていくのは皆さんにもある経験だと思うので、自分はどういう風に変わってきたんだろうと思いながら観ていただけたら、いつもと違う舞台の楽しみ方ができるのではないかと思います」

高橋「僕にとっては、10年に一本出合えるかどうかという作品だと思っています。ぜひ皆さま、劇場に足を運んで、衝撃を受けていただきたいと思います」

2月21日(日)まで東京芸術劇場 シアターウエストにて、2月27日(土)・28日(日)まで新神戸オリエンタル劇場にて上演。

取材・文:中川實穗

いま人気の動画

     

人気記事ランキング