気になる結末は? 明日公開『僕等がいた 後篇』特別映像が公開

2012.4.20 12:6配信
『僕等がいた 後篇』(C)2012「僕等がいた」製作委員会 (C)2002小畑友紀/小学館

累計発行部数が1200万部を突破した小畑友紀の同名コミックを生田斗真、吉高由里子共演で映画化する『僕等がいた』の後篇が21日(土)から公開される前に、本作の特別映像が公開された。主人公の恋の結末のヒントがギッシリとつまった本映像。そのポイントはどこにあるのだろうか?

『僕等がいた 後篇』特別映像

『僕等がいた』は、北海道と東京を舞台に、誰からも愛される人気者でありながら心に暗い影を持つ青年・矢野元晴(生田)と、矢野の影を受け入れ彼を一途に想い続ける高橋七美(吉高)の7年にわたるラブ・ストーリーだ。

北海道で出会ったふたりが、お互いを好きになるも、それぞれが抱える過去や迷いを前に立ち止まり、時に傷つけ合う姿を描いた前篇。そして明日から公開される後篇はその6年後を描く物語になる。このほど公開された特別映像では、東京の大学を卒業して出版社に務める七美、高校時代から彼女を見つめ続けた竹内(高岡蒼甫)らが登場する。遠距離恋愛中に音信を断ってしまった矢野はどこに行ったのか? 七美は矢野を待ち続けることができるのか? 特別映像は大自然を舞台に描かれる前篇とは異なり、都市で暮らす七美たちのドラマを捉えている。

前篇の語り手は大人の七美で、矢野と初めて会った高校生の彼女は、“過去の記憶”だった。本作を手がけた三木孝浩監督が「この映画は、“過去の記憶”が現在の自分にどう作用しているのかを描いている」と語る通り、後篇で描かれる登場人物たちの行動や迷いは、前篇で描かれた出来事や関係が何らかの影響を与えている。このほど公開された特別映像に登場するシーンは、前篇で起こったどのドラマが関連しているのか? 短い映像ながら、劇場で観た前篇の“記憶”を頼りに、後篇のエピソードを予想できる内容になっている。

『僕等がいた 前篇』
公開中
『僕等がいた 後篇』
4月21日(土)公開

いま人気の動画

     

人気記事ランキング