共演者が「天性の歌声」と多部未華子を絶賛!

2016.2.22 20:28配信
多部未華子

多部未華子が2月22日、主演映画『あやしい彼女』の完成披露試写会に、共演の倍賞美津子、要潤、小林聡美、北村匠海、志賀廣太郎とともに出席。撮影現場での様子や、歌唱シーンでの多部の“美声”について語られたが…。

その他の写真

大ヒット韓国映画を『なくもんか』『謝罪の王様』の水田伸生監督が映画化。73歳の老女が20歳の肉体を手に入れ、若いころに進むことができなかった歌姫への道を歩み始めるさまをコミカルに描き出す。

多部は倍賞との“二人一役”に挑んだが、撮影現場で賠償に話しかけられても「人見知りで…」まともな受け答えができなかったと申し訳なさそうに明かす。「倍賞さんに『同じ気持ち、動きを共有できたらいいね』と言っていただいたんですが、『そうですね』としか言えず…」と苦笑。その言葉さえも、要から「声が小さい(笑)」と指摘されるなど、スクリーンの中の堂々とした振る舞いからは信じられない人見知りっぷりを垣間見せる。

そんな多部は劇中、歌声を披露しているが、これに対し、要、志賀、北村の男性陣はほめ殺しと思えるような過剰な絶賛を連発。要は「天性の歌声ってあるんだな…と。歌声を聞いて膝から崩れ落ちそうになりました」とその衝撃を語り、志賀は「次郎という役を忘れて自分に戻って、なんていい歌なんだと感じてました」としみじみ。北村は自身もダンスロックバンド・DISH//でメインボーカル&ギターで活躍するが、多部の歌声について「ここまでストレートに心にくる歌声を聞いたのは久々で感動しました!」と語り、要は「ハードルあげるなぁ…」とニヤリ。多部は「ホントやめて!」と困惑して苦笑を浮かべていた。

また、映画の内容にちなんで、「頼れる年上」と「かわいい年下」のどちらが恋人にふさわしいか? という質問に多部は前者の「年上」を選択し「頼れる、守れるというのは男の人で一番大事!」と語る。映画においては要が演じた音楽プロデューサーがその立場と重なるが、多部は「小林プロデューサーはとっても素敵な役!」と語りつつも、あくまでそれは要ではなく役柄のようで「要さんとは2回目の共演ですが『こんなにイケメンだったっけ? とビックリするくらい素敵な役柄でした」とニッコリ。この微妙な距離感に要も首を傾げ、場内は笑いに包まれた。

『あやしい彼女』
4月1日(金)より全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング