坂上忍、『アングリ―バード』声優に!

2016.2.25 6:00配信
坂上忍と主人公“怒りんぼうのレッド”

人気ゲームをハリウッドが映画化した3Dアニメーション『アングリ―バード』の日本語吹替え版を、“怒れる俳優”坂上忍が務めることが発表になった。坂上が演じるのは、太いまゆ毛がトレードマークの主人公“怒りんぼうのレッド”。坂上は「僕もよく怒っています。まゆ毛もしっかりしている。っていうか、なにげに顔も似ているかも!」とコメントを寄せている。

その他の画像

映画は、鳥たちが平和に暮らす島・バードアイランドを舞台に、怒りんぼうのレッド、お調子者のチャック、ビビりのボムの3匹が、いじわるなピッグたちに盗まれた大切な“たまご”を取り返すために大冒険を繰り広げる物語。

「怒りんぼうの鳥を演じられるのは、日本一の怒りんぼう=坂上忍さんしかいない!」という映画配給会社のオファーを快諾した坂上は、「子役の頃に『大草原の小さな家』でアフレコをやっていたので、凄く懐かしい感じがします。声のお仕事は大好きなので、楽しみながら頑張らせて頂きます!」とコメント。映画やドラマなど80本以上の出演作がある坂上だが、ハリウッド映画のアニメ作品で声優を務めるのは今回が初になる。

坂上は「普通に疑問を持ち、自分の意見を言い、結果的に怒っているように映るのかも…。でも、なかなか本音が言いづらい今だからこそ、逆に怒るパワーを持つことは大切だと思います。」と話しており、“怒りんぼうパワー”でどんなレッドの声を演じるのか気になるところだ。

『アングリーバード』
10月1日(土) 全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング