向井理「女性の新しい一面を発見してほしい」 映画『ガール』をPR

2012.4.25 10:58配信
映画『ガール』完成披露試写会に登壇した向井理

映画『ガール』の完成披露試写会が24日に都内で開催され、主演の香里奈、吉瀬美智子、板谷由夏を始め、上地雄輔、林遣都、波瑠、向井理、檀れいと深川栄洋監督がピンクカーペットの上を歩き、舞台あいさつに登壇した。

その他の写真

集まった約1600人の観客を前にした香里奈は「この映画は年齢も職業もバラバラな女子たちが悩みながらも毎日がんばって成長していくので、明日からまたがんばろうと思える作品です」と緊張しながらも笑顔を見せた。向井は司会者から「ムードゼロでプロポーズも残念なまでに最悪だった由紀子の彼氏、蒼太を演じた向井理さん」と紹介されると「蒼太くんはムードがよめない人でしたが、けっこう共感できる部分がたくさんあったので、僕としては男性にも観てもらって女性の新しい一面を発見していただけたら」とPR。深川監督は「5月に出産される麻生久美子さんは今ここに並んでいませんが、彼女の気持ちも持ってここに立っているつもりです」と報告した。

続いて司会者から「生まれ変わったら女性と男性どちらになりたいですか?」と聞かれると、吉瀬と板谷は「女性」と回答。その中で香里奈だけは「女性と答えるべきだけど…今は女だから男性がいいです」とキッパリ。対して向井は「男性がいい。この映画は女性目線で描いているので、努力したり知らないところで苦悩を抱えて葛藤する姿は新鮮ではあったけれど、女性って大変そうって思いました」と答えた。

奥田英朗の同名小説を映画化した『ガール』は、仕事や恋、オシャレに子育てに全力投球する4人の働く女性たちの姿を描いた作品。

『ガール』
5月26日(土)より全国東宝系にて公開

いま人気の動画

     

人気記事ランキング