若手俳優・古川雄輝が過激なマクドナー作品に挑む

2016.3.22 18:11配信
古川雄輝 古川雄輝 撮影:奥村達也

衝撃的で意表を突く物語が魅力のアイルランドの劇作家・マーティン・マクドナーの舞台『イニシュマン島のビリー』が上演される。主役を務めるのは、映像や舞台での活躍が目覚ましい、若手俳優の古川雄輝。幼少のころから海外で暮らしたバイリンガルで、日本語と英語で今作の台本を読んだという古川に話を聞いた。

『イニシュマン島のビリー』チケット情報

「ブラックコメディなので、笑いどころがたくさん。でも英語と日本語では、ニュアンスがかなり違う。『英語ではこういう表現なので、日本語のセリフも変えてみませんか』と演出家の森新太郎さんに提案させて頂くこともあります」と頼もしい。1930年代のアイルランドのイニシュマン島を舞台に、生まれつき右腕と両足が不自由な17歳の青年ビリーが役どころだ。「基本は皆に愛されていますが、それをビリーが感じ取れているかは微妙なんです。台本を読むかぎり、彼は内気でやさしい性格。でも稽古に入ると、森さんから『ここはビリーのやさしさだけではなく、いじわるな部分も見せて』と指示があり、両極するさまざまな感情があるのだと、ビリーに対する印象も変わってきましたね」。何もない退屈な島で、身体に障がいがあることで周りの人々にからかわれ、バカにされてきたビリー。彼の幼なじみで、怒ると生卵を投げつけるクセのある暴力的な美少女・ヘレンをはじめ、島の人々のビリーへの対応が、ブラックな表現に満ちて過激でいかにもマクドナーらしい。

「英語だと放送禁止用語を使ったもっと荒い言葉で、日本語版はあれでもかなりやわらいでいます(笑)。ビリーは、学校で話しかけただけで女性に泣かれたことがあり、全く女性から相手にされない。でもヘレンだけは暴力的でありながらもビリーに接してくれる。そこに彼は惚れたのではないかと。ヘレンは田舎のヤンキーのような存在で、森さんいわくモデルはジャイアンだそうです(笑)」。実力派女優・鈴木杏演じるヘレンとの掛け合いや恋の行方も見逃せない。

物語は、隣の島でハリウッド映画の撮影が行われ、ビリーがハリウッドを目指すことで大きく動いていく。「中国などの海外作品はいくつか出ましたが、僕もハリウッドはビリーと同じで目標のひとつです」。果たしてビリーは夢をつかむことができるのか。一方、古川の現実としてハリウッドは「日本である程度の役者の地位を確立しないとキャスティングにはまらない。いい作品に巡り会うチャンスがないそうです。まずは日本でのベースを固めたい」と話す。ウエストエンドとブロードウェイの同作舞台では、ダニエル・ラドクリフがビリーを演じた。「ラドクリフさんに負けないように、新たなビリーを作りたい」。今作で大きなチャンスをつかんでほしい。

公演は、3月25日(金)から4月10日(日)まで東京・世田谷パブリックシアター、4月23日(土)・24日(日)は大阪・梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティにて上演。チケットは発売中。

取材・文:米満ゆうこ

いま人気の動画

     

人気記事ランキング