磯村勇斗 磯村勇斗

NHK連続テレビ小説『ひよっこ』、ドラマ『今日から俺は!!』、『きのう何食べた?』など、近年数々の話題作に出演し、多彩な魅力を振り撒く若手実力派俳優、磯村勇斗。今夏、10人組異色アイドルグループ「GANG PARADE(通称:ギャンパレ)」の主演・楽曲で綴るミュージカル『プレイハウス』にダブル主演する。脚本・演出は根本宗子。舞台は夜の町、歌舞伎町。そこで生い立ちや性格は正反対と呼べる風俗嬢ミキと、町一番のホスト一ノ瀬聖夜(磯村勇斗)が出会うとき、物語が動き出す――。

「プレイハウス」チケット情報

カリスマホストの聖夜役を極めるべく、事前にホストについて研究したという磯村。「ナンバーワンといっても、可愛い系からオラオラ系まで見た目や営業スタイルは多種多様。むしろ参考にならないんじゃないかと混乱しました(笑)」。聖夜はルールを守る正当派だが、女性を翻弄する術も持っている。「裏表がしっかりあるキャラクター。最初は観ている方も聖夜がどういう人物なのか掴めないと思う。でも最後にはとんでもないオチがあって…。そこで『可愛いな』と思ってもらえたら、演じて良かったと思えるかもしれません」。

注目の作家、根本宗子については「ひと癖ある方」と見る。「普通、言葉と身体は連動しますが、聖夜に関しては真逆でいきたいと。生理とは違う動きなので、今はまだ演じていても気持ち悪い(笑)。でも非常に実験的な演出が面白く、やり甲斐があります」。人前で歌やダンスを披露するのは初めてだが、単なるミュージカルには留まらないようで…。「ギャンパレさんたちの楽曲を使うのでライブに近いような感覚もありますし、ストレートプレイとミュージカルの間を行くような、新たなジャンルが生まれたという感覚ですね」。

根本にも話したという自身のモテ期については、「幼稚園時代」と即答する。「女の子を廊下に一列に並ばせて、園長先生たちに『今から全員にキスするから見ていてね』ということをよくやっていました(笑)」。舞台にもこのエピソードが生かされるというから、注目してほしい。現在、「女子校に紛れ込んだ男子生徒のような気分」で稽古に勤しむ磯村。「ギャンパレさんたちは、普段から自分たちのことを『遊び場』、ファンのことを『遊び人』と呼び、観に来てくださった方を楽しませることを一番に活動されているので、本作も間違いなくそんな作品になると思います。いまだ見たことのないミュージカルをお届けできると思うので、構えず遊びに来てほしいなと思います」。

公演は8月25日(日)から9月1日(日)まで東京芸術劇場プレイハウスにて、9月28日(土)に大阪・森ノ宮ピロティホールにて上演。チケット発売中。

取材・文:石橋法子

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます