『死霊館2』の邦題&公開日が決定!

2016.4.7 17:10配信
『死霊館 エンフィールド事件』

『ソウ』『インシディアス』のジェームズ・ワン監督が手がけた『死霊館』の2作目が『死霊館 エンフィールド事件』という邦題で、7月9日(土)より日本公開されることが決定し、場面写真が公開になった。映画は“史上最長期間続いたポルターガイスト現象”として心霊史に記録されている実在の事件が基になっている。

その他の画像

『死霊館』では、1971年にアメリカのロードアイランド州にある屋敷で実際に起きた出来事が描かれたが、2作目は1977年にロンドン北部のエンフィールドの家で実際に起こった不可解な現象が描かれる。前作に引き続き実在の心霊研究家ウォーレン夫妻をモデルとした人物が登場し、正体不明の音や不穏な囁き声、人体浮遊など、数々の不可解な出来事に苦しむ母親と4人の子どもたちを救うため、現地調査に訪れたウォーレン夫妻が再び恐怖の元凶と対峙する。

前作でウォーレン夫妻を演じたベラ・ファーミガとパトリック・ウィルソンが続投。ポルターガイストの恐怖に苦しむ少女ジャネットを、『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』『Joy』など話題作への出演が続く注目の子役マディソン・ウルフが演じ、シングルマザーのペギーをフランシス・オコナーが演じる。

『死霊館 エンフィールド事件』
7月9日(土)新宿ピカデリーほか全国公開

(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED

いま人気の動画

     

人気記事ランキング