仕事・結婚・子育て…“私”を失わないための「サードプレイス」事情

2016.4.14 16:00

一つ持っておくと、素の自分に戻れてホッとできるサードプレイス。では、実際にサードプレイスで過ごす時間を楽しんでいる人は、何をきっかけにどんな場を手に入れたのでしょうか。独身、既婚を問わず、サードプレイスを持つアラサー女性に話を聞いてみました。

ここ数年、耳にする機会が増えたサードプレイス。
家でも会社でもない、自分が素に戻ることができ、心地よく過ごせる場のことを指します。

では、実際にサードプレイスを持っている人は、何をきっかけにどんな場を手に入れたのでしょうか。

今回は、働き続けるかどうか、結婚するかどうか、子どもを産むかどうかなど、人生の様々な地点で多様な選択肢を持ち、実際に選択してきた女性たちに、話を聞いてみました。

3

1、地域のコミュニティ

「職場にいるのは、アラフィフ世代のおじさんと地味めな女性ばかりで、正直『プライベートでも会いたい!』と思えるような人たちではなく……まぁ会社ってそんなものですよね。

このまま家と会社との往復では、人生を楽しめないかもと感じて辿り着いたのが、今住んでいる地域の20〜30代が集まるコミュニティでした。下は学生から上はアラフォーまで、職業や職種がバラバラな人たちが集まっているので面白いです」(25歳/メーカー/独身)

彼女のように何らかの事情(?)があって、オンとオフを完全に分けたり、新規の出会いを求めたりする場合、サードプレイスは有効な場となるようです。

2、オンラインサロン

「憧れの女性が主宰するオンラインサロンに入っています。リアルなイベントはほとんどなくて、オンラインの活動がメインですが、同じサロンに加入する仲間とつながれたことが、今では人生の財産になりました。夢や目標は違っても、それぞれのゴールに向かって、切磋琢磨していける気がしているんです」(28歳/IT/独身)

1

性別や年代を超えた、様々なバックグラウンドを持つ人が集まった、心地よい場であればサードプレイス。そこにオンライン/オフラインかの境界線はありません。一生ものの仲間と出会えたら最高ですね。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます

超簡単♪ モテ声&小顔・デカ目美容術

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント