ビントレーによる日英共同制作のバレエ「パゴダの王子」がついに開幕!

2011.11.1 13:14配信
『パゴダの王子』舞台より 撮影:瀬戸秀美 『パゴダの王子』舞台より 撮影:瀬戸秀美

10月30日、東京・新国立劇場オペラパレスにて、新国立劇場2011-2012シーズンの開幕作品として『パゴダの王子』が世界初演の幕を開けた。この作品は世界屈指の振付家デヴィッド・ビントレーが、新国立劇場バレエ団のために作り上げた舞台。ビントレーが30年来企画していた作品とあって、関係者やファンの期待も高く、ロビーは華々しい熱気にみちていた。

『パゴダの王子』チケット情報

物語は息子の早すぎる死を嘆いた皇帝と、幼い妹さくら姫の悲しみからはじまる。時は流れ、さくら姫に4人の王が求婚する。続いて5番目に現れた求婚者。実は継母エピーヌの呪いでサラマンダー(とかげ)に姿を変えられてしまった兄であった。さくら姫は様々な試練を受けながらも、サラマンダーとともに彼の王国パゴダにたどり着き、ここで初めてサラマンダーが兄だと気づく。その後、兄妹は力を合わせて王国を元の平和な地に戻そうと旅立つのである。

本作は、英国の作曲家ベンジャミン・ブリテンの音楽を元に、ビントレーが構想・振付した。また、トニー賞、オリビエ賞を受賞したレイ・スミスが舞台美術・衣裳を手掛け、照明は日本を代表する沢田祐二が担当するなど、まさに日本から世界に発信する新プロダクションに相応しい布陣がクリエイティブを担当した。ビントレーの振付は、同劇場で上演された『アラジン』『ペンギン・カフェ』でも見られたように、エンターテインメント性が強く、2幕では海や炎、星にタツノオトシゴなどを表現。観客をワクワクさせていた。さらに3幕では、王子とさくら姫が皇后エピーヌ派と対決する場面の迫力や、ラストに向かうパ・ド・ドゥと群舞では和のテイストを取り入れた振付が光った。

製作発表でビントレーが語ったように「英国と日本のコラボレーション」が象徴されていた。またレイ・スミスの美術も、歌川国芳の浮世絵をモチーフにしたキャラクターや、伝統的な日本の美をうつした月や山、波が、優しく繊細でありながらも、大胆に彩られていた。バレエでは難しい着物を衣裳に取り入れるなど、様式は残しながらもダンサーに負担のかけない彼女の美が表われていた。そして沢田の照明がファンタスティックに絡まり新しい世界感を紡ぎだしていた。

主演はトリプルキャストとなるが、初日は小野絢子と福岡雄大のコンビが務め、小野は兄を慕うさくら姫を儚くも試練に立ち向かう姿をも美しく繊細に表現。福岡もキレのある動きと足のしなやかさ十分発揮した踊りを見せた。また影の主役というべき皇后エピーヌを演じた湯川麻美子は演劇的にも妖艶に存在感をしめし会場を楽しませた。

公演は11月6日(日)まで同劇場にて上演。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング