浅野忠信、『バトルシップ』の続編に意欲

2012.5.2 14:48配信
『バトルシップ』に出演した浅野忠信

公開中の映画『バトルシップ』に出演している浅野忠信が、1日に都内で行なわれた外国特派員協会主催記者会見に出席した。

その他の写真

全米公開を前に日本では興行収入10億円を突破した『バトルシップ』。艦長ナガタとして主演級の重要な役を演じた浅野は、撮影でのスケールの大きさに刺激されたと言い「俳優にも十分な準備期間が与えられ、裏を返すとどこまでやれるか問われている感じがあり、やりがいがあった。ただ、現場で急に予定を変更した(ピーター・バーグ)監督に『10メートルの高さから飛び込むぞ』と言われ、心の準備が出来ないままアクションシーンの撮影に臨むことになったのにはびっくりしましたけど(笑)」と振り返った。

さらに「高倉健さんの若い頃に似ていると思うのですが、意識しているところはありますか?」と質問されると、最近、別映画の撮影で一緒に仕事をした高倉から「面白い。どんどんこれからも(アメリカで)やってよ」と言われたことを明かし、「高倉健さんがいなかったらアメリカで頑張ろうという気持ちにならなかった。日本でNo.1の俳優さんだと思ってますし、尊敬する方に期待されるのは嬉しい。そういう方が楽しんでくださる映画にまた出られるように頑張ります」と敬意を表した。

また今後は「映画に必要とされる役のお話が来ればどんどんとこなしていきたい」と展望を口にし、「ピーター・バーグ監督が来日した時に、冗談ぽくですが『2もやるから、その時は来いよ!』って言ってくれました。高いところから飛び込まなくて良いのであればぜひお願いしたいです」と笑顔を見せた。

『バトルシップ』
公開中

いま人気の動画

     

人気記事ランキング