小栗旬、ヒットの予感に「浮足立つ」 『宇宙兄弟』30億円射程のロケット発進

2012.5.7 14:48配信
舞台挨拶の様子

俳優の小栗旬と岡田将生が5月5日、東京・有楽町のTOHOシネマズ日劇で行われた主演作『宇宙兄弟』の初日舞台あいさつに、“兄弟”の幼少期を演じた中野澪くん、中島凱斗くんらと共に登壇した。配給の東宝によると、興行収入30億円突破も狙える“ロケット発進”だそうで、小栗も「大ヒットしそうな予感で、若干浮足立っています」と興奮気味。子どもの日にちなみ「子どもたちに見て欲しい映画です」とアピールした。

その他の写真

本作は、週刊『モーニング』誌で連載されている小山宙哉の同名コミックを豪華キャストで実写化。会社をクビになり無職になった兄・ムッタ(小栗)と宇宙飛行士になった弟・ヒビト(岡田)のふたりが、少年時代の約束を果たすべく、人生の紆余曲折を経験しながらも、互いに宇宙を目指して奮闘する。舞台あいさつには小山氏と、メガホンをとった森義隆監督も出席した。

岡田は「毎日毎日、呼吸困難になりそうなくらい辛い撮影でしたが、こうやって初日を迎えて、観てもらえて嬉しい」と感無量の面持ち。小栗との“兄弟愛”は健在で、「こういうお兄ちゃんを持つと、すごく大変」と照れ笑いも見せた。

この日は“アフロ&茶髪”という宇宙兄弟との共通点にちなみ、調味料のCMで小栗&岡田とタッグを組んだお笑いコンビ・トータルテンボスの藤田憲右と大村朋宏が乱入する場面も。「僕の知り合いで娘さんにヒゲが生えている人がいるので、ぜひ観にきてほしい」と話す小栗に対し、藤田が「うちの娘、ヒゲ生えてなくね!?」と返すやりとりには客席も大爆笑。小栗が「ニセ宇宙兄弟です」と紹介すると、大村は「監督がなぜ僕らを起用しないのかと恨んだけど、本編を見たら彼(=藤田)は宇宙飛行士になれませんし、僕だったら月で死んでますね」と“本物”の熱演に敬意を表していた。

『宇宙兄弟』
公開中

いま人気の動画

     

人気記事ランキング