デビュー10周年の佐藤健「結果的に集大成」

2016.5.14 20:24配信
佐藤健と猫のパンプくん

俳優の佐藤健が5月14日に、都内で行われた主演作『世界から猫が消えたなら』の初日舞台あいさつに登壇。この6月で俳優デビュー10周年を迎える佐藤は「この作品が結果的に集大成になった。誇りに思います」と語り、「皆さんのおかげでここに立てている。これからも頑張ります」と背筋を伸ばした。

初日舞台あいさつ・その他の写真

数多くのヒット作を放つ映画プロデューサー・川村元気が執筆した同名小説を実写化。佐藤健&宮崎あおい共演で実写映画化したヒューマンドラマ。脳腫瘍で余命わずかと宣告された郵便配達員の青年(佐藤)が、自分とそっくりな悪魔と出会い「大切なものを失う引き換えに1日の命を与える」契約を交わす。余命と引き換えに、電話や映画、時計といった大切なものを失うなかで、元恋人と再会し…。

舞台あいさつには佐藤をはじめ、共演する宮崎あおい、濱田岳、奥田瑛二、原田美枝子、永井聡監督が出席。また、劇中に登場する猫のパンプくん(13歳)が登場すると、客席からは歓声が起こり、佐藤は「みんな猫しか見ていない」と苦笑い。「ほとんどNGも出さない。勝てないですよ」ともらすと、永井監督が「佐藤くんの方が、NGが多かった」と暴露する場面もあった。

佐藤と初タッグを組んだ永井監督は、「クールな人かと思っていたが、実際には背伸びせず、等身大の男の子という雰囲気」と佐藤の印象をコメント。「現場では“健ちゃん”“たけるん”と呼ばれるほど、愛される存在。健くんはいい子です」と語ると、佐藤も「そう、いい子なんです」とドヤ顔だった。

『世界から猫が消えたなら』
公開中

取材・文・写真:内田 涼

いま人気の動画

     

人気記事ランキング