©2019 Disney. All Rights Reserved.

映画『アナと雪の女王2』が2019年11月22日(金)日米同日公開されます。

いよいよ来月に公開が控え、日本版本予告編が解禁されました。

松たか子&神田沙也加の吹き替え版予告編

日本語吹き替え版キャストはエルサ役が松たか子さん、アナ役が神田沙也加さん、オラフ役が武内駿輔さん、クリストフ役が原慎一郎さんと発表されました。

『アナと雪の女王2』では、前作で平和が訪れたアレンデール王国にまたもや危機が訪れます。

それを解く鍵は、エルサだけに聞こえる謎の歌声。

なぜエルサだけ魔法を使えるのか? その答えが明らかになります。

「なぜ人と違うのか知るのが怖いの」というエルサ。

オラフは「何もかも変わってしまうの? 」と言い、アナの「何があってもエルサを守る」というセリフで予告編は終わります。

アナとエルサが今度は2人で新たな旅に出かける、未知の冒険を予感させる予告編です。

 

予告編中、英語で流れる曲は「イントゥ・ジ・アンノウン」。

クリス・バック監督が「この曲は、あらゆる世代の人に共感してもらえると思う。今あなたがいるところ以上のものがあるのか。そうやって誰もがいつも何かに惹かれていると思う。まだ見ぬ未知の世界には、何かがあるかもしれない。どこへ行こうとしているかわからないけれど、本当の自分を見つけるために、やらなくてはならないことがあるということをこの歌で表現しているんだ。」と語る楽曲です。

予告編では英語版エルサ役のイディナ・メンゼルによる歌唱ですが、映画で松たか子さんがどう歌い上げるのかも楽しみですね。

映画『アナと雪の女王2』
2019年11月22日(金)公開

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます